テレアポ・電話営業辞典 > 事前準備 > テレアポを始める前に
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





テレアポを始める前に

◇テレアポの事前準備

まず、準備をしましょう。 テレアポが嫌いにならない様に。

「リストの用意」 テレアポをする場合、電話をかける先のリストを用意すると思います。

このリストの入手方法は様々だと思いますが。 この電話をかける相手を調べましょう。

○今回は時間と曜日について

例:ホテル業界の総務・人事のテレアポ例

【電話に出そうな曜日】 ホテル業界の1週間は基本的には通常の企業スケジュール
と変わりませんが、休みが土・日ではないという特長があります。

そこで、私は、実践で火・水・木に電話をしています。

【 理 由 】 月曜日 週初めでミーティング等で不在が多い。 金曜日・土曜日・日曜日 

ホテルは週末の土・日が忙しいので外す。

【電話に出そうな時間】 午前中は10:30〜11:30迄、午後は15:00〜16:00迄

【 理 由 】 10:00から20分位朝のミーティングをやっている場合が多いので、 その後に電話。

午後は、食事を交替で取る場合が多いので(12〜14時の間)、 15:00から電話。

この様な情報を事前にTELアポ依頼先又は知人から聞いて、又は初期段階で
何軒か試してみて、忙しい時間に電話して断られるというリスクを減らしています。

一般企業がテレアポ先の場合も大体変わらないと思いますが、かける相手によって
違う場合もあるので、事前に調べる事は重要です。

【一般的企業へのテレアポの場合の傾向】

曜日は火・水・木、時間は10:30〜11:30か15:00〜16:00が イチバン電話に
出る率が高いです。

曜日については、月曜日は週初めで「忙しい」と言われる率が高い、
金曜日は週末なので「また、来週電話して」と言われる率が高い。

時間は休憩する10時と15時前後。

多分働いている1日の時間の中では比較的 ゆっくりしていて気がヌケてる時間。

火曜日のTELアポだとその週の内のアポが可能、木曜日だと次の週初め(火・水曜日)に
アポイントを取る様にしています。

*業種・職種によって違いはあります。

さて、これで 無駄に断られる理由が少し減った事になります。

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.