テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > テレアポのテクニック
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





テレアポのテクニック

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

テレアポ・電話営業のテクニック

YES-BUT方式   

例えば、テレアポの相手が会いたくないと断ってきた場合、   
NOと言ってきた場合。   

「おっしゃるとおりです」と相手に同調する。私も同じ思いだと伝える。   

そして、   

「実は多くの方そうおっしゃるのですが、お話を聞いていただくと〜」   

と切り返す。   

いったん受ける(YES)そして、実はと切り返す(BUT)。   

これがYES-BUT方式です。   

人は他者から否定されるのを嫌います。
そこで、相手のNOを受けてから切り返すのがこの方式です。   

NOと言われて、闇雲に「いやいやそこを何とか」「お願いしますよ〜」   
「頼みますよう〜」等と言って粘っても押し問答になるだけです。   

テレアポは自分でコントロールして組み立てましょう。   

 

二者選択の方式   

アポイントが取れそうな場合は、   

「○日の○時と○日の○時、どちらがご都合良いですか」   

こちらから2つ提示して選択してもらう。   

仮に2つともだめでも、さらに日時を提示してつめていく方式。   

相手に任せると時間がかかるのと、せっかくアポイントが取れそうな状況から、   
やはり会うのはやめようと考えるのを防ぐ為の方法。   

テレアポは常に自分でコントロールして組み立てる事が重要です。

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.