テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > テレアポの極意 力が入り過ぎると・・・
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





テレアポの極意 力が入り過ぎると・・・

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

テレアポコンサルティングの時の話です。  

ある企業のコンサルティングの時に、なぜか、皆さん頑張り過ぎます。    

アポを取ろうと必死なんです。  

悪い事ではないですが、相手に必死なのが伝わってなかなかアポが  
取れません。  

後で、聞いたのですが、朝礼で「何としてもアポを取れ」と社長から  
言われたようです。  

ですから、皆さん必死で、早口でまくしたてます。  

これでは、アポは取れません。  

男女の恋愛でも同じですが、追えば逃げます。  

しつこい人は嫌われます。  

そうかと言って、あっさりし過ぎても、アポは取れません。  

では、どうするか?  

相手の方の反応で、追いかけるところと、引くところを使い分ける事が  
重要です。  

例えば、人材派遣の場合。  

私「人材派遣のご案内ですが」    

相手「もう、使っている会社あるんだよね」    

私「そうですか。先ほど連絡させていただいた会社の方もおっしゃって  
いましたが、3社入っているようで、今は派遣会社を使っていないところは  
ないですよね」    

ここでは、追わずに相手のNOをきちんと受ける事が重要です。  

ここで「もう1社加えてくれませんか?」「弊社の特長は・・・」と言って  
追いかけると相手は逃げます。  そして、切り返します。  

私「ところで、先ほどの会社の方は、○○が出来る人材がいなくて困っていた  
ようですが、御社では問題ないですか?」  

ここでは、第三者の影響力を使って(相手の事ではなく、一般論・他の人の  
意見として伝える方法)、問題提起する。  

この段階で、再度断りの文句が出るようだったら、見込みが無いので、  
この段階で終了します。  

相手がこの段階で、

「そういえば、○○出来る人いる?」  

「すぐに人集められる?」  「短期の仕事でもイイの?」など、

質問してきたら、この段階から追いかける事をします。  

最初の段階のNOでは、相手の状況が分かりません。    

そこで、最初のNOは「そうですね」ときちんと受けて、否定しないで、  
次に直接ではなく、第三者の意見として、投げかけて反応を見る。  

相手が引いている段階では追わない事です。  

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.