テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 電話営業のテクニック 会社名を工夫する
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





電話営業のテクニック 会社名を工夫する

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は会社名に工夫するです。  

正確には、会社名を言う前に工夫をするという事になります。  


「私 ○○の○○と申しますが、△△の方はいらっしゃいますでしょうか?」  

○は会社名と個人名、△は相手の部署等です。  

普通は最初に、この様に言うはずです。  

少し、工夫をしましょう。    

 

テレアポと分かると、この段階で切られてしまいます。  
又は、窓口ブロックされて、担当者につないでもらえません。  

窓口ブロックされるのは、数多い不利益なテレアポと間違われるからです。  

電話に出た方は、「どうせ、また何かの売り込みでしょ」切ってしまえ 
と思っています。  

勝手にそう判断しているのです。無理もありません。不利益なテレアポ  
がたくさん掛かってくるのですから。  


そこで、差別化です。  

キーワードは「何かの売り込み」です。  
「何か」分からないから、切られるのです。  

逆転の発想だと、何をやっている会社か分かれば良い事になります。  

会社名だけですと、何をやっている会社か分かりません。  

そこで、業務内容を会社名の前に入れるのです。  

例えば  

「私 アルミサッシメーカーの○○の○○と申しますが、」  

「私 エステティックサロンの○○の○○と申しますが、」    

このようにすると何をしている会社か、すぐに分かります。  

電話に出られた方は、今、何の会社から電話が掛かってきているか分かります。  

そうすると、自分の会社に関係や利益があるかどうか、判断がつきます。  

又は、判断がつかないから、担当者につないでもらえるのです。    

単純な事での差別化ですが、テレアポ代行でやるとかなり効果があります。  

会話のはじめが「アルミサッシやっている会社さんね、内はね、○○さん  

とお付き合いしているよ」としゃべり出してくれる方もいます。  

誰しも、訳の分からない会社の電話を受けたくはないはずです。  

ですから、業務内容をはっきり言いましょう。  

弊社に掛かってくるテレアポの電話で、業務内容から言う会社はありません。  

どこかでやっている会社はあるかもしれませんが・・・  

今、やればライバル会社に差をつけられるかもしれませよ。  

この場合、ひとつ注意があります。  

「私 アルミサッシメーカーの○○の○○と申しますが、」  

これは、一節としては結構長い文章です。  

私は練習しないと、良く噛んでしまいます。  

ご注意下さい。    

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.