テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 電話営業・テレアポのテンポ
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





電話営業・テレアポのテンポ

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

テレアポのテンポです。  

言葉のテンポの勉強です。  

漫才のオール阪神・巨人さんがこんな事を言っていました。  

「日によって漫才のテンポを変えます。最初の導入時のテンポを前の漫才
のテンポによって、変えるのです。  
前の人のテンポが早かったら早く、前の人のテンポが遅かったら遅く」  

なぜ、前の人に合わせるかと言うと、  

 

↓  

 

↓  

 

お客様の耳に合わせるのだそうです。  

お客様の耳は「前の人の話のテンポ」に合っています。  

前の人が遅くて、次の人が早く話すと耳が慣れていなので、違和感を感じて、
ウケないそうです。  

逆に前の人が早くて、次の人が遅く話すと耳が慣れていなので、違和感を  
感じて、ウケないそうです。  

 

なるほどという感じです。  

 

テレアポでなぜ、ゆっくりと言っているかと言うと、日常会話、仕事の会話で、  
常に早口の人はいないからです。  

 

だから・・・  

 

テレアポの相手の耳は普通の会話のテンポに慣れています。  

だから、普通の会話のテンポで話さないとダメなのです。  

更にテレアポでは焦って、早口になりやすいので、意識的に「ゆっくり」なのです。  

想像して下さい。  

ある日、会社で普通に会話している時に、電話が掛かってきて、その電話を  
取ったとします。  

電話の向こうでは、知らない人が早口で一方的にしゃべっています。  

違和感ありませんか?  

これが、テレアポが嫌われる理由のひとつです。  

 

もうひとつ、言葉のテンポの話です。  

島田紳助さんがテレビで言っていた事です。  

島田紳助さんが活躍した、漫才ブームの時は早い漫才が主流だったそうです。  

「ツービート、B&B、紳助竜介」の漫才は16ビート、早い漫才です。  

B&Bなんかは、32ビート位に早かったですね。  

漫才では早いテンポ方が簡単だそうです。  

早口の言葉の語感とか、間が短い事で、次から次へとギャグを入れたりして、
ジェスチャーを使って笑わす事が出来るので、ゆっくりの漫才との比較で  
簡単だそうです。  

逆に、ゆっくりした漫才は言葉を使う技術、伝える技術が必要なので難しいとの事です。  

間も難しいでしょうし、ジェスチャーより、言葉の使い方のテクニックが必要です。  

島田紳助さんは「ダウンタウン」の漫才を見て、漫才コンビ「紳助竜介」を  
解散しようと思ったそうです。「ダウンタウン」はゆっくりです。  

漫才ブームの終わりを感じ、また漫才の技術として、「ダウンタウン」には  
勝てないと思ったそうです。  

 

テレアポに関しても同じです。  

早口のテレアポは簡単だから、皆が同じ早口でテレアポしているのです。  

誰にでも出来るテレアポ。  

いつも掛かってくるイヤなテレアポ。  

ゆっくりのテレアポは相手が聞いてくれるので、技術としてテクニックが   
必要になってきます。  

ノウハウとコツが必要になってきます。  

あれ、いつもと違うな、聞いてみようと思われるテレアポ。  

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.