テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 電話営業・テレアポでの相手との距離感
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





電話営業・テレアポでの相手との距離感

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

「相手との距離感」

これは、電話の相手との距離感です。

電話営業・テレアポをして、相手との距離感・雰囲気が微妙な時があります。

このまま話しても、アポが取れそうにない時があります。


この時に、攻めるか   引くか?


まず、前提として「電話」というコミュケーション手段は、他の
コミュケーション手段より劣るという認識が必要です。

何故なら、声しかないからです。


「メラビアンの法則」というものがあります。
メラビアンという心理学者が、人が誰かと初対面で会ったときに受ける印象を
決定付ける要素を分析したものです。


相手方に与える印象の度合(比率)は「話の内容」が7%、
「話し方」(声・スピード・大きさ・テンポ)が38%、
「ボディーランゲージ」が55%の割合であるというものです。


電話営業・テレアポでは「ボディーランゲージ」は使えないので、面談より55%劣る
コミュケーション手段であるという事です。

なおかつ、ほとんどがはじめての電話なので、電話の相手との
距離感を取るのが難しいのです。


この認識がないと、無理に相手との距離感を詰めようとして、強引な電話営業・テレアポに
なります。

一方通行な電話営業・テレアポです。


例えば、

漫才には相方がいます。

落語では役柄によって右・左と向きを変えます。

プラスとマイナスがあります。

凸と凹があります。

世の中の摂理として、必ず相方がいます。

そして、その2つがうまく機能していると、良いと言えます。
うまい漫才はボケと突っ込みがうまく機能しています。


電話営業・テレアポでも、「電話する人」と「電話される人」が存在します。


片方がイヤだと思っていると、うまく電話営業・テレアポが成立しません。


しかし、多くの方は、相手がイヤな時に、攻めます。

攻めると相手は逃げるのです。


では、どうすれば良いかですが。

相手に聞くのです。
「今はお時間ありませんか?」
「○○の話ですが、お話を聞いて頂く時間はありませんか?」
などなど

相手が受け入れていない時に何を話しても無駄です。


この場合は「引く」勇気を持ちましょう。


そして、後日また連絡してみましょう。
その時には、状況が変わっているかもしれません・・・

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.