テレアポ・電話営業辞典 > マインド > テレアポ・電話営業 広くいくか 狭くいくか?
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





テレアポ・電話営業 広くいくか 狭くいくか?

◇テレアポ・電話営業のマインド・精神論

アポの対象を絞り込んで、テレアポするか?
何も考えずに電話営業するか?

あなたはどっちでしょうか?

これには、各会社さんの事情、個人の事情があるので、
明確な正解はないのですが・・・

個人的には、テレアポ・電話営業においては広く考えていくべきだと思います。


こういう事を経験した事はないですか?

「会っても買わないよ」

と電話で言っていた方が、「会ったら買ってしまった」

反対していた方ほど、ころっと買う方に移る事はありませんか?


これは、始めての電話で 本音は言わない
断る事が出来ない方だった。
実は他社に決まりかけていたのが、話しを聞いて変わった。

色々なケースが考えられます。

つまり、電話で本心を聞く事は難しいのです。

だから、面談してプレゼンするのです。
面談すれば、相手の表情が分かります。

これで、ある程度の判断は付きます。


テレアポは面談する為の手段にすぎません。

この段階で、リストの内容(会社規模、年収)を見てこれはダメ
この人と会いたいから力を入れて とやって選択していくと、
アポの数は減ります。


しかし、内の商品・サービスに合った方とアポが取れたから売れるはず・・・

でも、実際はそんなに、うまくはいきません。


「えーー、この会社が買うの」 

という事もあるのです。

最初に選別してしまうと、この出会いはなくなります。

どこに金脈が眠っているかは誰にも分からないのです。

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.