テレアポ・電話営業辞典 > マインド > テレアポにおいて自分の思っている事と相手の思っている事は違う
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





テレアポにおいて自分の思っている事と相手の思っている事は違う

◇テレアポ・電話営業のマインド・精神論

よくある事ですが、自分の思っている事と相手の思っている事は違うのです。

こんな会話がありました。

「この会社(資本金、業界)内のターゲットなんですよね。」
「内がこの価格で出したら、内容的に必ず勝てます。」

果たして相手はそう思っているのでしょうか?

こちら側がどんなに良いと思っていても、相手側では?な事もあります。

電話営業・テレアポでは、こちらが良いと思ったトーク、オファーでも
相手にとっては、良くない事があります。

その状態ではアポは取れません。
でも、多くの方は「自分は正しい、アポが取れないのはお客が悪い」
と言います。

そこで、ちょっと止まって、少し考えれば、糸口が見つかるのに・・・

多くの方は、かなり進んでから気づくのです。

立ち止まる勇気も必要です。

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.