テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > テレアポで困った時は相手に聞く
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





テレアポで困った時は相手に聞く

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

テレアポ・電話営業では良くある事ですが。

相手の真意が分からなかったり、アポが取れるかどうか
はっきり分からず、相手の方によってはノラリクラリと
逃げられる場合。


この場合に考える事は、「もったい無い」です。

もしかしたら、アポが取れるかもしれない・・・
もう少し頑張れば、アポが取れるかもしれない・・・

と追い掛け回すか、下手に出る。

そうすると、大体逃げられます。


この場合の方法は、ズバッと相手に聞いてしまう事です。

この話にご興味はありませんか?
お会い頂くお気持ちはありますか?

テレアポでは、ダメな時はダメです。

見切りをつける事も必要です。

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.