テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 人のテレアポ・電話営業聞いて我がテレアポ直せ
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





人のテレアポ・電話営業聞いて我がテレアポ直せ

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

人のテレアポ・電話営業聞いて我がテレアポ直せ

弊社は求人雑誌に募集広告を出しているので、良く広告代理店の方  

から電話がかかってきます。  

自分の勉強も含めて、きちんと話を聞きます。  

傾向としては  

・早口である。  

・練習してないのか、内容があちこちにとぶ。  

・自社のイイところだけで攻め立てる。  

・私が話すタインミングがない。  

 

こんなところです。  

勿論イイ内容で話す方もいらっしゃいます。  そういう方はお会いしますし、

弊社にメリットがあれば契約します。  

 

早口はあまり良くありません。

私は最初の導入はかなりゆっくりしゃべります。  

ゆっくりしゃべる事によって、相手に息遣いを感じて好感をもたれてるか  

確認します。あまり嫌そうだったら、深追いしません。  

 

それと、差別化。

 

他の方が早口だとゆっくりしゃべれば差別化になります。  

 

自社のメリットだけで話す。  

これも手法のひとつとしては良いのでしょうが。  

相手あっての事です。相手のメリットで話しましょう。  

商談は 相手のメリット=自分のメリットですから。  

あくまでも、相手目線で。  

 

人のテレアポを聞くと、かなり気づきがありますよ。  

 

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.