テレアポ・電話営業辞典 > マインド > テレアポ・電話営業を釣りに例えると・・・
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





テレアポ・電話営業を釣りに例えると・・・

◇テレアポ・電話営業のマインド・精神論

テレビ番組で「凍った湖で、釣りをして、釣った魚だけ食べて過ごす」
という企画をやっていました。

「安田大サーカス」のヒロくんは元漁師だそうで、
ワカサギのいる場所を的確に見つけて大漁です。


かたや カンニング竹山チームはまったくダメでした。

魚のいる場所を見つけられないです。

テレアポ・電話営業でも同じです。

アポの取れそうな業界を探したり、リストを吟味する事が必要です。

更に、テレアポでは釣り糸を垂らし待つのではなく、ルアーで動いて、
ボイントを探す事も必要です。
→反応を見るという行為です。


狩りをする時には、ケモノ道で待つ。
→ハンターの言葉です。


リストもやたらなリストでなく、反応を見て動く事が必要という事です。

これが、テレアポの新規開拓営業・新規顧客開拓法です。

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.