テレアポ・電話営業辞典 > マインド > テレアポ・電話営業の意味 
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





テレアポ・電話営業の意味 

◇テレアポ・電話営業のマインド・精神論

テレアポ・電話営業の意味

さて、「テレアポ・電話営業の意味」とは何だと思いますか?

私の答えは 「アポイントを取る事」 と答えます。

具体的には以下のような事です。 テレアポにおいては、アポイントを取る事に徹する。

商品説明等、具体的な話はしない。

電話で商品を販売出来るのは、一部の天才だけです。

ほとんどの場合は、知らない会社からのはじめての電話になるはずです。

この段階で、商品の説明、会社の説明を長くしても聞いて貰える可能性は かなり低いです。

確率の低い事はやめましょう。

ポイントは相手の得になる話である事、会う意味が充分にある話である事。

このポイントだけで、話を組み立てる事が重要です。

 

ポイント

・会社名と自分の名前をきちんと明らかにする。

会社名だけで、自分の名前を名乗らないと無機質な感じがします。

人との共感には相手の存在と誰であるかが重要です。

会社名だけだと、電話の相手のイメージ沸かないのです。

 

・電話した目的を伝える。

この部分をうやむやにして、話をはじめる方がいますが、相手に電話した 目的を伝え、

時間をもらえるか確認する事は重要です。

もし、「時間がない」との回答だった場合は「緊急ではないので、 また後で電話します」

と深追いをしない事が重要です。

また、後で電話をすればよいのです。

 

さて、目的を伝えるという事についてですが、 目的はアポイントを取る事ですので、

例えば 「実は、△△(商品・サービス)のご案内をさせていただいていまして・・・」

「実は、○○様にぜひお知らせした情報がございまして・・・」 という様に、売り込みはしないで

「相手の得になる話」と伝える事が重要です。

何か売る文言が入ると、相手は拒否反応を示します。

また、更に、「第三者の影響力」使う事も重要です。

第三者の影響力とは、「誰々さんには好評」「○○業界の方に好評」等、

テレアポの相手ではなく、関連のある第三者がどう言っていたかを伝える事。

人間の心理として、他の人の動向は気になるものです。

この心理的な部分を利用する事で、会う事への障害を取り除く事が出来るのです。

弊社にもよくテレアポの電話が掛ってきますが、皆さん早口(焦っている) で

自社のメリットだけしゃべって、こちらの状況はまったく気にしてない様です。

この部分でも、ゆっくりしゃべって(相手にきちんと伝え様とする)、

第三者の影響力を使えば差別化になります。

他のテレアポと違って聞く状態を作ってもらう事が出来るのです。

テレアポにおいて、この導入の部分がいちばん重要です。

相手に好感をもってもらえば、この先も話を聞いてもらう事が出来ます。

アポイントを取る事だけに徹する!!

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.