テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 電話営業・テレアポで心理学を応用する
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





電話営業・テレアポで心理学を応用する

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回のテーマは「心理学」です。   

心理学でマズローの欲求段階説 というものがあります。   

皆さん聞いた事ありますか?   

アブラハム・マズロー(1908年〜1970年 A.H.Maslowアメリカの心理学者)は、
彼が唱えた欲求段階説の中で、人間の欲求は、    

5段階のピラミッドのようになっていて、底辺から始まって、
1段階目の欲求が満たされると、1段階上の欲求を志すというものです。   

人間の欲求の段階は、生理的欲求、安全の欲求、親和の欲求、自我の欲求、
自己実現の欲求です。   

生理的欲求と安全の欲求は、人間が生きる上での衣食住等の根源的な欲求、   

親和の欲求とは、他人と関りたい、他者と同じようにしたいなどの   

集団帰属の欲求で、   

自我の欲求とは、自分が集団から価値ある存在と認められ、   

尊敬されることを求める認知欲求のこと、   

そして、自己実現の欲求とは、自分の能力、可能性を発揮し、   

創造的活動や自己の成長を図りたいと思う欲求のことです。      

 

自己の実現    

-------------------      

自我の欲求    

-------------------      

親和の欲求    

-------------------      

安全の欲求    

-------------------  ↑ 上を目指していく      

生理的欲求   

 

 

テレアポのトークで「第三者の影響力」というものを使っていますが、
この説に基づいています。   

人は何故買うのか、流行もこの説で説明する事ができます。   

人は何故買うのか   

衣食住に関しては、お腹が空いたから食べる。寒いからコートを買う
という事は「生理的な欲求」人よりイイ家が欲しい、イイ車が欲しい等は「自我の欲求」   

流行=他人がしているから自分もしたい、「親和の欲求」   

テレアポで第三者の影響力を使う手法も「親和の欲求」のひとつです。   

他者(他社)はこうなんですよ、好評だったので。   

この様なトークで「親和の欲求」を感じさせるのです。   

いくら説得しても物は売れません。人は売られる事を嫌います。   

他者を利用して、想像させるのです。   

他者の事は自分の事ではありません。   

この事で売られている意識をなくさせるのです。

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.