テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > テレアポを演じる
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





テレアポを演じる

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

テレアポをしていると、皆さん、断られてイヤになったり、落ち込んだりします。

精神的に追い込まれる方が多いです。


結果として、テレアポ・電話営業を嫌いになり、やらなくなります。


そこで、コンサルティングや相談で悩んでいる方には「演じてみては」
とアドバイスする事があります。


俳優・女優さんの様に役になりきる事。
テレアポする「ある人」の偶像を作って、その人になりきる事。


テレアポ初心者の方には、「テレアポがうまい人」の真似をして下さい。
とアドバイスします。

これも演じる事と同じです。

効果は色々ありますが

・断られた事が「自分」ではなく、演じた「ある方」が断られたと
考えられるとかなり効果があります。


これは、1回断れると自分の人格を否定された様に感じる方の対処法と
して有効です。


テレアポ・電話営業では1件の電話に一喜一憂していると精神的に持ちません。

断られる時は、酷い切られかたをする場合もありますので。

そこで、「演じて」淡々とテレアポ・電話営業が出来ると、
断られても平気で、次々に電話する事が出来ます。


「今断られたのは私ではない」と思う事です。

演じるという事には、こんな効果があります。

ある心理学の実験で、「看守」「囚人」の役をそれぞれに与えて、
制服をきちんと着せて、警棒も持たせ、牢獄もきちんと作ると

「看守」役は看守の様に威圧的に偉そうに振る舞い。

「囚人」役は囚人らしく、看守に逆らわずに過ごすそうです。

これには、それまで社会的な地位は関係ないそうです。


私の友人に学生プロレスをやっていた人がいました。

彼は普段はおとなしいですが、マスクを被ると人が変わります。
とっても強い、正義の味方のプロレスラーになるのです。

この様に、制服だったり、マスクだったり、演じる為の
何かアイテムがあると切り替わり易いという事もあります。


ツライ事をするのを、別の人を演じるという事で回避する。
演じる事がテレアポ・電話営業を長くするには有効な場合があります。

ちなみに「ある会社」には、役者の卵のアポインターがいるそうです。

役者の卵の方々は、働ける時間が不規則です。
稽古が優先なので、1日に2〜3時間しか働けない、
公演が近くなると稽古が中心で、なかなか働けない。

アポインターの仕事は、1日2〜3時間で良いので、募集記事を
見てある役者の卵が面接に来たそうです。
無事に合格となり、テレアポを始めますが、社会経験がないので、
電話の受け答えがぎこちない。
敬語が変だったり、会話がスムースでない。

そこで、演じてみなさい、スクリプトもセリフの様に読みなさいと
アドバイスしたところ、アポがかなり取れたそうです。


さすがに、演技は勉強しているので、考え方を変えるとうまくいったそうです。


テレアポ・電話営業で悩んでる方、発想を変えて「演じて」みてはどうですか?


テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓
テレアポゲット研究会

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.