テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 言葉に注意する
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





言葉に注意する

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は「言葉に注意する」です。

 
何の言葉かと言いますと、

・業界の人にしか分からない専門用語
・難しい単語・表現


テレアポ・電話営業の場合、最初に電話に出る方が「誰か」 「どんな方」
かは分かりません。

いきなり
「●●株式会社の●●ですが、▲▲の件で担当者様はいらっしゃいますでしょうか」

と電話しても実際の担当者なら分かりますが、電話に出た方には分からない場合
があります。

特に業界用語を使うと、更に分からなくなります。

さらっと、業界用語を使えば、カッコイイかもしれませんが、アポが取れる事
とは別問題です。


このケースの場合、電話に出た方は「どこにつないでよいのか分からない」ので、
担当部署を探します、担当部署を見つけて用件を伝えますが、その用件も何の用件
なのかはっきりは分かっていません。


そこで、担当者部署の方が「売り込み?」と聞くと、「はい、たぶん」と
答えるでしょう。
そうすると、担当部署の方は「断っておいて」と電話に出ません。


その結果、「当社では必要ないです」

という回答になってしまいます。


せっかく電話しても、この様なケースが多くなってしまいます。


用件をきちんと伝えて、それでダメなら納得が出来ますがその前の段階で
多くの方が失敗しています。


私はこの様に、電話しています。

「▲▲を行っております。リンクアップの竹野ですが、
▲▲の件で◆◆の担当者様はいらっしゃいますでしょうか」

▲は業種や事業の内容です。
例えば、弊社は業務請負を行っていますが、この言葉が分かりにくいので、
「人材派遣」と言っています。

この部分を分かりやすくする事です。

スクリプトを作る時は、この部分を弊社の事務女性に聞いて、この言葉が
分かるかどうか聞きます。
彼女は主婦でもあるので、一般の方の意見として確認します。
分からなければ変更します。


会社名より、何をやっているのかが最初です。
これは、電話に出た方が「何の会社」から電話が掛かってきているのか、
認識してもらう為です。

その次に
●は会社名と名前です。
弊社の会社名は有限会社リンクアップスタッフですが、電話で話す時は
「リンクアップ」としか言いません。

会社名は相手の方にとってはどうでも良い事です。
短くして、しゃべりやすく、相手が覚えやすくしています。

テレアポ代行などで、横文字で長い会社や濁点がある会社などは、
「●●研究会」や「●●委員会」と変えてしまう事があります。
この場合の●は業種や事業の内容を一部使っています。


電話の場合は相手の方がどう感じるかに重点をおいています。

その次に
◆は担当部署の部署名です。
これは、事前に調べて、この件ならこの部署だと確実に伝わるようにします。
電話に出た方が担当部署を探すと、時間が掛かります。

また、的外れな部署に回される事もあります。

そうなってしまうと、きちんと用件が話せずに断られてしまいます。

弊社の業務請負の場合は、人事・採用の担当者になります。


もし、部署が分からなければ、最初の何件かの電話で「●●の事なのですが、
どこの 部署が担当されていますか?」と聞いてから始めるべきです。


担当部署をきちんと伝える事は重要です。
何故なら、テレアポ・電話営業は担当者とアポが取れてこそ、アポが取れたと
言えるからです。

今回の内容はこんな事がと思われかもしれませんが・・・


テレアポ・電話営業は嫌われています。

担当者に用件を聞かれずに切られるケースも多いです。

私は担当者のNOは受け入れますが、他の方のNOは受け入れません。

ですから、担当者につながって、きちんと判断してもらう方法が、
言葉に注意する事なのです。

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.