テレアポ・電話営業辞典 > マインド > テレアポで0件とならない理由
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





テレアポで0件とならない理由

◇テレアポ・電話営業のマインド・精神論

今回は「テレアポで0件とならない理由」です。

 
最近テレアポ代行の依頼をされた方に言われた事があります。

「しかしたいへんですよね。必ず結果を出さないといけないですねよ。
アポが取れませんって報告するの辛くないですか?」

この事を言われた時に多少違和感がありました。


何故なら、「アポを取れない」と思ってやっていないのです。

必ず取れると思ってテレアポしています。


アポ0件の自分はイメージにないです。

現実的には、ある時間はアポが取れないという事はあります。
しかし、ずっとアポが取れないという記憶はないです。


マインドの部分では、「アポを取れない」と思ってやっていない。
   ↑
この部分はけっこう大きいと思います。


しかし、多くの方が同じ気持ちでやっていると思います。
多くの方が気持ちが同じでも、アポが取れない事が多い。
   ↑
これが現実でしょう。


思っているけど出来ない。


そこで、私のやっている事をもうひとつお話します。


それは・・・

試行錯誤。


おそらく、試行錯誤の量・数はかなり多いと思います。


何の試行錯誤かと言うと、トークの内容、掛ける時間、リストの見直しだったり、
多岐に渡ります。


もっとより良いものをと常に考えます。


人の進化は試行錯誤の末に出来上がったものだと考えます。
石器時代から人は試行錯誤しています。


石が、ナイフになり、槍になり、斧になり。

全ては試行錯誤の賜物です。


人にはこの感覚があります。
この感覚があるので、発明があるのです。

テレアポに使えそうな事はいつも考えています。

失敗したら、なぜ 失敗したのか考えます。

成功したら、なぜ 成功したのか考えます。


最近読んだ本で「10倍売る人の文章術」PHP研究所という本があります。
ジョセフ・シュガーマン 金森重樹監訳

この本の中で、シュガーマンはある商品のキャッチコピーを考えるのに、
工場まで出向いて、製造工程を見学して、その工程にヒントを得て
キャッチコピーを考えたそうです。

そして、その商品のキャッチコピーは斬新で商品はヒットしたそうです。


おそらく、こういう考え方が重要だと思います。

色々考えて工夫する事!!


私はこの事にヒントを得て、あるテレアポのトークを考えました。

カタログを隅々まで見て、素材や製造工程をヒアリングして、購入者の声を
集めて、テレアポのスクリプトを作成しました。


依頼を受けた時は、かなり難しい案件だと思いましたが、この試行錯誤で
依頼された方も満足して頂ける、アポを取る事が出来ました。

そうは言っても出来ない事もあります。

そんな時は、ノウハウ・方法が必要な時もあります。

テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓
http://www.telapo.com/

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.