テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 技術的な事を言われたら・・・
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





技術的な事を言われたら・・・

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は「技術的な事を言われたら・・・」です。

 
新人アポインターの方や、新人営業の方は、専門知識がないので、
「技術的な事」を聞かれると困ります。


そんな時の「技」です。

「咳をして時間稼ぎの技」


「咳をして時間を稼ぎます」

咳をして、資料から聞かれた事を探します。

ゴフォ ゴフォ言って時間を稼ぎます。


専門知識が必要なテレアポは違った意味でたいへんです。

アポが取れるかどうかは、知識によります。

技術的な事が問題になる場合があるので、電話の相手は先にそれを聞いてきます。

それがクリア出来ないと会わないと言われます。


そんな時は、資料で探すか、誰か分かる方を探す為に時間を稼ぐ為に咳をします。


電話では、沈黙がいちばんマズイので、場つなぎの為に咳をしてごまかします。


これ、結構使えますヨ。


もうひとつの技「相槌」


これは、難しい業界用語で質問されたり、返答に困った時に使います。

基本的には詳しい事はお会いしてと言うのですが、
そんな雰囲気ではない場合があります。


そこで会話の流れで

「そうですよね〜」
「おっしゃっるとおりです」
「なるほど」


という様な相槌を打って、自分の分かる事を探します。

そんな会話をしていると、相手が結論を出してくれたりします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


または、質問に質問で返す。

「と、おっしゃいますと」
「○○とは、どういう事ですか?」


これは、会話をつなげて自分の分かる事等の糸口を見つける手段です。

電話は声だけなので、止まってしまうと、お互いにどうして良いか
困ります。

何かでつなぐ事が大切です。

その為の手法です。


また、どうしても分からない事は素直に分からないと言ってしまう事
も有効です。


「すいません、私では分からないので、分かる者から電話をさせます。
どちら様へご連絡すれば良いでしょうか?」

例えば、上記の様に話します。


この段階で、「それならいらない」と言われるケースもあると思います。

それは仕方がない事で、その時は知識が無かったのですから・・・

知識が得られたら再度、テレアポすれば良いのです。

また、分からなかった事はその答えを調べて、自分のものにしておく事も重要です。

分からない事を流してしまって、そのままにしておくと、再度同じ事で
つまずきます。

色んな応酬話法が詰まった、
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓
http://www.telapo.com/

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.