テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 電話の出方について
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





電話の出方について

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回のテーマは、「電話の出方」です。


皆さんはどうやって電話に出ていますか?


弊社では「お電話ありがとうございます。リンクアップでございます。」
と出ます。

こういう出方をしている会社もあるかと思います。


ポイントは「お電話ありがとうございます。」です。

本当に感謝の気持ちを込めて言っています。

昔、起業したばかりの頃は1日どこからも電話が掛かってこなかった事があります。

かなり悲しかった事を覚えています。
やっと掛かってきたと思ったら「営業電話」です。
でも暇だったので、誰かと話したかったので、話したりしました(笑)


そんな事もあって、掛かってくる電話の有難味は感じています。

元々は、社会人になった時に、営業マンとして何か人と違う事を
やりたかったので、電話の出方を工夫して以来、今もこの様にやっています。

他には、担当した取引先に「所信表明」を持っていって大声で読んだりしました。

当時から、何か人と違う事をしたいと考えていました。


当時いた会社は商品開発が他社より劣っていたり、物流が悪くて
納期がいつも間に合わなかったりしたので、他のところで頑張らないと
他社に負けてしまっていたのです。


かなり個人的なつながり売る、いわゆる顔で売るという事をしていました。


その当時、たくさんやったなかのひとつが、電話の出方なのですが、
電話をいただいた事への感謝を込めてやっていました。


評判は良かったです。
「気持ちが良い」「今後の新人は誰だ、会ってみたい」等言われました。


また、保険会社に転職した時に、名前は「竹何とかさん」と忘れられていましたが、
電話の出方を覚えていてくれて、契約になったという例もあります。


見込み客が何をきっかけに、契約に至るか分かりません。
印象に残る事をやっている事が重要です。


現在、テレアポをする側ですが、電話の出方も考えています。
もっと良い出方があれば、変えるつもりです。

テレアポの仕事をはじめてから、他人が電話している時に聞き耳をたてたり、
この表現イイなぁと思ったらメモを取ったり、テレアポされる側になったら
ちゃんと話を聞いたりしています。


ちゃんと話を聞くと、こういう話の流れなら会っても良いと思うとか。
もう少し、押してくれたら会うのになぁ等 気づきがあります。

やるばかりでいると、自分のテレアポだけになってしまうので、
よくテレアポをされる側になります。

ガチャ切りしないで、きちんと対応します。

物事はインプット量を多くすると、うまくアウトップする事が出来ると言います。


インプット量>アウトップ量


多くの情報を入れないとテレアポでうまく切り返せません。


そういう意味で、私も日々勉強させていただいています。

テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓
http://www.telapo.com/

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.