テレアポ・電話営業辞典 > マインド > 伝えようとする努力
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





伝えようとする努力

◇テレアポ・電話営業のマインド・精神論

今回のテーマは、「伝えようとする努力」です。


テレアポのコンサルティングをしていると、色んな問題にぶつかります。

今回は、テレアポで、どうやって伝えたら良いのかです。

コンサルティングの時に出る問題として、この人はしゃべるのはうまい、
だけど、アポが他の人よりも取れないというケースがあります。


ポイントは色々ありますが、こういう方の傾向としては、
気持ちが入っていない場合があります。

トークを流してしまっているケースがあります。

しゃべりのうまい人は、しゃべりのヘタな人と較べると、電話本数も多く、
流れが速いです。

逆にしゃべりのヘタな人は、自分が話すのがうまくないという自覚が
あるので、伝えようとする気持ちがあります。ただし、1本に時間が掛かるので
遅いです。


この場合、しゃべりのうまい方は、何でヘタな人よりアポが取れないのか?
と考えます。


通常思い付くのは、電話の本数を多くする事です。

アポ率が同じなら、電話の本数を多くすれば、アポの件数は上がります。

しかし、気持ちが入っていないと電話の本数を多くしても無駄です。


基本的には、テレアポは電話のコミュケーションです。

コミュケーションとは会話です。
電話の相手とやり取りをしなければなりません。


しゃべりがヘタな人は一生懸命、「会いたい」と伝えようとします。
一生懸命しゃべれば、相手も少しは聞いてくれますから、会話が
成立します。

会話が成立すると、少なからず感情が芽生えるので、「そこまで
言うなら会いましょうか?」となります。


逆に、しゃべりがうまい人で、気持ちが入っていない会話は
機械的に感じられます。

相手が機械的に感じてしますと、反応は「はい」「いいえ」という単純な
回答になります。あまり単純だと会話にならないので、落とし所が
見つからず、「いらない」と言われるか、会えるのか会えないのかどっち付かず
のテレアポになってしまいます。

テレアポにおいては会話はうまい方が良いですが、
会話のうまい事より、「会いたい」という感情を伝える事が重要な場合が
あります。


今回は自戒の念を込めて、この内容にしました。

私が行った、5月のある代行のアポ率が悪かったので、分析を自分自身で
したところ、「気持ちが入っていなかった」という結論に達しました。

理由は、どうしても決められた本数を電話する事が義務付けられていたので、
数をこなしたテレアポになったという事です。

数の論理も必要ですが、どれだけアポが取れるかというアポ率に
こだわるべきでした。


この事に気づいたので、クライアントとも協議して、
数より質にこだわる様に変更しました。


私も日々勉強です。

アポが取れないと悩んだ時は、1本・1本の電話に気持ちを込めて
みてはいかがでしょうか。

 テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓
 http://www.telapo.com/

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.