テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 会話の間
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





会話の間

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回のテーマは、「会話の間」です。


W杯のテレビ中継を見ていたのですが、ドイツだと距離があるので、
テレビの映像と会話に少し間が出来ます。


衛星中継をしていると良くある事ですが、微妙に気持ち悪かったりします。

アナウンサーが同時にしゃべりはじめたり、しばらく沈黙が続いたりします。

ほんの1〜2秒ですが、会話がテンポ良く行われないと気持ち悪いです。


分かっていても、何かイヤな感じです。

テレアポでもある事ですが、これは時差ではなくて、相手の方との「間」の
問題です。

相手の方がしゃべっているのを途中で遮ってしまったり、
同時にしゃべりはじめたり、会話が順番にうまくいかずに、所謂「間が悪い」
状態になってしまう事があります。


テレアポの会話でのこの原因は、反論が怖かったり、沈黙が怖かったり、
相手の方のしゃべる事をきちんと受けとめられない事が多いと思います。


反論を言われると、途中で
「イヤ、それは違います」と言ってしまう。


沈黙されると
慌てて、色々な事を早口でしゃべったりします。


この様にすると、相手の方はイヤな感じを持ちます。
そうするとアポは取れません。


もう一度原因を言いますと、反論が怖かったり、沈黙が怖かったり という事です。


相手の方の言われる事を冷静に受け止められるには、それなりに訓練が入ります。

訓練方法としては、相手の方の会話・反論をたくさん聞く事です。

たくさん聞いて、耳を良くする事です。


テレアポはディベートではないので、相手を論破しても何の意味もありません。


会話はテンポ良くする事、順番にキャチボールが出来る事が理想です。


もし、間が悪いとなったら、一度会話を止めて「すいません、
今私ばかりがしゃべり過ぎまして」とか、
「ここまでのところはよろしいでしょうか?」等の自分も落ち着ける様に
一拍おいて、会話を建て直す事です。

止まる勇気も必要です。


間の悪い会話を続けていてもアポは取れません。


テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓
 http://www.telapo.com/

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.