テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 管理職の方向けのお話
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





管理職の方向けのお話

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回のテーマは、「管理職の方向けのお話」です。

このメルマガを読んでいる方で、アポインターや営業マンの方と、管理職の方の
どちらが多いでしょうか?

今回は管理職の方には厳しい内容かもしれません。


どちらかと言うと「アポインター」の方寄りの話です。


コンサルティングで管理職の方に、聞かれる事があります。

「アポが取れない時は、怒った方が良いですか?」


私の答えはNOです。


私の持論は、怒ってアポが取れるなら良いですが、
怒っても変わらないでしょう、根性論では変わらないと思っています。


そもそも、テレアポしてお客様から断られたり、怒られたりしているのです。

その後に、更に上司から怒られたら、イヤになります。

「どうして良いのか分からなくなります」

  ↑

この部分は大切です。「どうして良いのか分からなくなります」


テレアポはある意味特殊な事です。
テレアポで断られた時に、理由があって断られた場合は納得が出来ます。

しかし、理由無く断られる事がほとんどです。

「もしもし」と言った瞬間に切られる事に、論理性と理由を見つける事は困難です。


そんな瞬間に更に上司から、
「何でアポが取れないんだ、根性が足らないからだーー、とにかく取れるまで
ヤレーー」

と、言われたら、アポインターはお客と上司の板ばさみ状態になってしまいます。


誰にも助けを求められません。

その結果、悩みに悩んで、最悪は辞めてしまいます。
確かに、ビジネスですから結果を出さなければいけません。

しかし、今まで怒って良い結果が「継続」して出ましたか?


怒った場合は、少しの間は効果があります。

しかし、効果が切れると元にもどります。


そこで、更に怒りますか?


そのやり取りは疲れませんか?


怒るやり方よりも
・取れるリストの作成
・取れる業界・業種を見つける
・良いスクリプトの作成
・ロープレの実施


こういう事の方が有効だと思います。

こういう事は会社の資産として残ります。

但し、こういう事の結果を見つけるのは大変です。
怒って、アポ取れと言っている方が簡単です。

時々、上司がイヤでイヤで辞めたいという相談をされます。

しかし、私には職業選択のアドバイスは出来ません。

「こういう事があって(かなり酷い事を言われて)、会社を辞めた」と
思っているのですが。
この様な相談は多く受けますが、仕事を辞めるかどうかのアドバイスは出来ません。

良い組織を作る為に、やる事は色々あります。

人との関係においては、良いコミュケーションを取った方が良い結果が出ます。
アポインターの心のケアをしてあげる事で良い結果が出る場合があります。


このメルマガを、何人の管理職の方が読んでいるか分かりませんが、
アポインターからの相談内容と私の意見です。

アポインターの皆様へ

私なりに今までの相談内容から代弁したつもりですが・・・

他に意見がありましたら、こちらまで

  ↓
info@linkup-jp.com


色々私が試行錯誤したテレアポのノウハウです。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓
http://www.telapo.com/

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.