テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > なぜ、テレアポをするのか?
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





なぜ、テレアポをするのか?

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は、「なぜ、テレアポをするのか?」です。


我々はなぜテレアポをするのでしょうか?


テレアポは手段です。

商品やサービスの契約や告知の為の手段です。


その手段はテレアポ以外にも方法はたくさんあります。

・DM

・FAXDM

・飛び込み営業


必ずテレアポでなければならないという事はありません。

では、なぜ?


  ↓

  ↓


  ↓


  ↓


答えは
テレアポは安くて・早いからです。

牛丼の宣伝みたいですが(笑)

ビジネスにおいて、コストが掛からない事は重要です。

テレアポでは、電話の通話料と人件費だけです。
(リストにコストを掛けているとそのコストが掛かりますが)

また、電話をすれば、アポが取れるかどうかの結論はすぐに出ます。

ビジネスにおいて、結論が早く出る事は重要です。


しかし、簡単ではありません。

ある程度のノウハウと電話をする時間は必要です。


それから、この部分が大切だと思いますが、

やり方を間違わなければ、アポは取れます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


やり方が合っていれば、テレアポは契約になりそうな人を探す手段です。

やり方とは、リストの集め方だったり、スクリプトの作成方法だったり、
応酬話法だったりします。

電話の向こうには、契約を待っている人がいます。


しかし、その契約を待っている人は、こちらから電話をしないと
会ってはくれません。

あなたの会社をインターネットで探して、「契約したいです」とは
言ってはくれません。


キッカケはどこで生まれるか分かりません。


昔の話ですが、私がある会社の営業マンだった時に新規開拓をしていました。

ある会社を狙って、夜討ち朝駆けで訪問しますがなかなか契約になりません。

ある雨の日の夜、その日も敢えて夜に訪問して営業の方が帰ってくるのを
待っていたのですが、成果はありません。


その日は、かなり強く雨が降っていて、成果がない事をどうしようかと考えながら
営業車に乗ったのです。

考え事をしていたのと、雨で視界が悪かったので、その会社と道路の間の用水路に
車が落ちてしまいました。

小さな橋があるのですが、今後の営業をどうしようかと考えていたので、
橋の存在をすっかり忘れていました。


幸い、私は頭をぶつけたくらいで大きな怪我にはならなかったのですが、
車は用水路に落ちたままです。

そうしたら、その会社の人たちが慌てて出てきていました。
その会社は建設会社なので、すぐに重機を用意してくれて車を上げてくれました。


私は、バツが悪く、その日は御礼だけ言って引き上げました。


翌日、冷静になってみると、何という事をしてしまったのかと思い
菓子折りを持って謝りに行きました。


その会社の方々は、私の体を気遣ってくれていて私は本当に恐縮していました。

そして、しばらくすると「これ持っていきな」と渡されたのは、「発注書」でした。


あんなに、何度も訪問しても契約が取れなかったのに、契約が取れる時は
あっさりしたものでした。


何がキッカケになるか分かりません。


この契約も私が諦めないで、訪問を続けたからだと思います。


テレアポもどこでキッカケが生まれるか分かりません。


電話をしてみないと、分からないのです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

我々がテレアポをする理由は色々ありますが、根本にあるのは


「電話をしなければ、何もはじまらない」

これが、最大の理由だと思います。

*ちなみに、この時の車はかなり壊れてしまったのですが、後輩達には
車を壊してまで契約を取ったと、変に話が伝わってしまいました。

ある上司は、車を壊すくらい根性入れて営業しろ!!と言っていたようです。
本当は違うのですが・・・まぁ、契約が取れたのでヨシとします。(笑)

テレアポするにはやり方が問題です。
私が試行錯誤したテレアポのノウハウです。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓
http://www.telapo.com/

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.