テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > テレアポはイメージが大切?
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





テレアポはイメージが大切?

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は、「テレアポはイメージが大切?」です。

最近、テレアポ代行の中で、アポが取れた会社にクライントの方が
訪問すると、下記のように言われたようです。


「今までは、すべて断ってきた。今回が会うのは初めて。」

「あまり営業電話で会った事が無いが、御社の電話はしっかりしていたので、
会うことにした」


この様な事を、アポイントが取れた会社から言われると弊社としては嬉しいです。


あくまで、「代行」なので、クラアントの印象を考えてテレアポをしています。


クライントの印象が、悪くなる事だけは避けたい事です。


この中で「今までと何が違うのか?他社と何が違うのか?」
「御社の電話はしっかりしていたので」この様に言われるのはどうしてか?

この事について、考えてみました。

結論はどちらもイメージです。

良いイメージを持ってもらったから、この様に言われたのです。


では、弊社の代行はどのように行っているのか?


弊社のノウハウ通りにやっています。


スクリプトを作って、その内容に忠実に話すという事をしています。

特に難しい事をやっている訳ではありません。


取り立てて言えば、「話し方」は注意をしています。
しかし、これも好かれる話し方が特別にある訳ではなく、普通の事です。

ビデオやDVDを購入して頂いた方は分かると思いますが、
特別の事はしていません。


ただし、2作目の本にも書いてありますが、スクリプトの構成と話し方を
考えると相乗効果があります。

何を話すか?
どう話すか?


この2つの組みあわせは大切です。


この2つがうまく組み合わさると、良いイメージを持って貰えます。

その結果、このケースのテレアポの場合、20%位のアポ率があります。

勿論、それなりにリストも選択していますが。


「良いイメージのテレアポ」
この部分は、文章だと表現が難しいのですが、一般的に電話が丁寧な方を
例をあげると、

 ・声がソフトである。

 ・ゆっくりしゃべっている。

 ・話す内容がまとまっている。

 ・会話のキャチボールをしている 等々


こんな感じが良い印象の電話だと思います。


テレアポの受け手は悪いイメージを持っている方が多いので、
どうやったらイメージが良くなるか?
この部分を考えて構築すると、これだけでアポ率が上がります。


あなたも「御社の電話はしっかりしていたので、会うことにした」 
と言われる事になります。

私がテレアポしている映像です。
テレアポの話し方はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓
http://www.telapo.com/

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.