テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 何回までコールして良いか?
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





何回までコールして良いか?

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は、「何回までコールして良いか?」です。

皆さん相手の方が出ないと何回までコールしますか。


会社によって決まりがあるところもあると思いますが、
私の感覚では「5〜6回」で出なかったら電話を切ります。


これ以上の回数で相手が電話に出た場合は、相手が忙しかったり、
別の電話を切ってから、こちらの電話に出る等で、「良い状態」では
ない場合があります。


この場合、ワザワザ電話を切ったら「テレアポ」だったりすると、相手の方は
不機嫌になったりします。

また、忙しい時に掛けると、相手の方がイライラしている場合もあります。


タダでさえ、嫌われているテレアポで、相手の状態が悪いとアポは取れません。

出来る事なら相手の方の良い状態で、電話を受けてもらいたいと思います。


なかなか電話に出ない相手を深い追いしても良い結果は出ません。

電話のコール数を考えましょう。


また、最近、弊社のアポイターがテレアポされた事例で面白い事例が
あったので紹介させて頂きます。

投資用のマンションのテレアポが自宅に掛かってきたそうです。


弊社のアポインターは自分の勉強の為に、きちんとテレアポを聞きます。

そのやり取りの中でこんな会話があったそうです。
「賃貸で家賃を支払っているのは、そのマンションのオーナーのローンを
返済している事と同じですよ」


私は個人的には良いトークだと思います。

もしかすると、マンション業界では当たり前のスクリプトかもしれませんが、
考えられていると思います。


テレアポのスクリプトも、「キャッチコピー」の様に心に響く内容が
必要だったりします。


「何を」 「どう」 話すか?

この相関関係が重要で、ふたつのやり方次第で相乗効果が現れます。


2冊目のテレアポ本は、そんな内容を書いています。

第2弾の本の内容はスクリプトと話し方です。
是非 ↓

http://www.telapo.com/2book.htm

私がテレアポしている映像です。
テレアポの話し方はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓
http://www.telapo.com/

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.