テレアポ・電話営業辞典 > マインド > 商いとはあきないことである。
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





商いとはあきないことである。

◇テレアポ・電話営業のマインド・精神論

今回は、精神的な話です。

「商いとは厭きないことである。」


この言葉は、私が社会人になって間もない頃、ある問屋の社長に言われた言葉です。

最近、「いわゆる、嫌われている業界」の方と話す機会がありまして、
この言葉を思い出しました。


テレアポで嫌われている業界の方は苦労します。

話を始めたらすぐに切られたり、あからさまにイヤな声を出されたりします。

きちんとした会社の方でも、他の会社の印象で同じ様に見られます。


そうすると、アポが取れずに精神的に落ち込みます。
「なぜ、オレは悪くのに」 「どうして分かってくれないんだ」

そこで、どうするかという

「会社を辞める」
「責任転嫁をする」 
「愚痴が多くなる」 等々 色んな事があると思います。

以外と簡単に諦めてしまいます。


また、精神的に強い方は「業界のイメージを変えよう」と努力します。
頑張ってテレアポします。テレアポし続けます。しかし、いつか力尽きます。

この方たちの言い分や行動は間違っていません。

しかし、ひとりの力や会社の努力では業界全体のイメージは変えられません。

しかし、多くの方が変えようと努力して挫折していきます。
テレアポがイヤになる。
テレアポをしなくなる。

短期的に結果が出ないと、やめてしまう事が多いです。


しかし、発想を変えて、業界のイメージは簡単には変えられないので、
悪いイメージや断られる前提で、テレアポを組み立てる。

断られる事から始める。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


そうすると、どうやったら断られなくなるか考えないといけません。
試行錯誤が必要です。

ここでのポイントは相手の悪いイメージは変えるのが難しいので、
自分のやり方を変える事です。


業界のイメージを変えようとしている方は、自分のやり方を変えずに、

相手の方が感じるイメージを変えようとします。
  ↑

しかし、他人の持っているイメージや印象はなかなか変えられません。


それよりも、自分のやり方を変える事の方が簡単です。

具体的にはスクリプトの内容だったり、電話する時間だったり、
スクリプトの表現方法だったりします。


ある嫌われている業界の方のテレアポを聞く機会があったのですが。

無駄だなぁと思ったのが、ダメな方を一生懸命にアポを取ろうとして、 
会社がいかに良いかを伝えようとしていました。
でも、結果アポは取れません。


ダメな人はダメだと、私は思います。
それよりも可能性のありそうな方に時間を掛けた方が良いと思います。

ちなみにこの方は、どの電話に対しても一生懸命にアポを取ろうとしています。
ダメな方にも時間を掛けます。


確かに努力は必要です。

しかし、的を得た努力が必要なのです。


私が言われた言葉。

「商いとは厭きない事ですよ」

まだ、問屋さんがかなり幅を利かせていた時代で、ある問屋さんを
担当した時の話です。

この問屋さんを担当すると必ず、社長の自宅の茶室に呼ばれます。

私も担当すると、茶室に呼ばれたのですが、その日に出かけようとすると、
先輩がニヤケています。

何か言いたいみたいなのですが、何も言いません。

そして、自宅を訪問すると茶室に案内されます。茶室につくと、
問屋さんの社長は一言もしゃべらずに、お茶をたてています。

私は、お茶の作法は分かりません。
でも聞けるような雰囲気でもなく、とりあえず飲みます。
飲み終わっても、社長は何も言わず目をつぶっています。

しばらく待ちます。何も言ってくれません。

更に待ちます。何も・・・

正座をしている足がだんだん辛くなってきます。

その内限界を超えてきます。でも足を崩したいとは言えません。


その内に変な汗をかいてきます。そして、もう限界と思った頃に社長がひとこと。

「竹野さん、よく頑張りました。これから竹野さんとは
商いのお付き合いが始まります。竹野さん、商いとは飽きない事ですよ。」


その後、足がしびれて、何度も倒れそうになりながら、何とか営業車に戻りました。
時計を見ると、正座をしていたのは3時間にもなります。

この「商いとは飽きない事ですよ。」という事が、分かりはじめたのも最近です。
自分で商売をはじめてからです。深い言葉です。


久しぶりに昔の事を思い出しましたが、商売とはビジネスとは
簡単にいくものではありません。

それなりの努力が必要です。

使命感も必要ですが、自分が出来る事の見極めは必要です。

お客様は神様ですとは言いませんが、往々にして、お客様の意識を
変える事は難しいものです。

自分が変わる方が簡単です。

視点をどっちに置くかで行動が違ってきます。


 私がテレアポしている映像です。
 テレアポの話し方はこちら。
 テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓
 http://www.telapo.com/

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.