テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 粘り
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





粘り

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は、「粘り」です。


最近ある企業のコンサルティングをしたのですが、その時に起きた事です。


その会社の方々は、とても流暢にスクリプトを話せます。
流れるように、上品にしゃべります。

しかし、反論が出ると追いません。

まったく、応酬話法を使いません。


何故かと聞いてみると「相手が必要ない」と言ったから、
「間に合っている」と言ったから等々


確かに、相手はその様に言ったかもしれません。

しかし、それは相手の本心でしょうか?


テレアポは突然の電話です。
まったく知らない人からの電話です。

そんな見ず知らずのあなたをテレアポの相手は信用していますか?


  ↓

信用しているはずがありません。


だから簡単には「会う」とは言わないのです。


これを理解しないで、表面上はクレームにならない様にしつこく
しないという事なのですが、追わなければ、アポは取れません。


今回のクライアントの問題点は「うまくテレアポは出来るが、
アポを取りにいっていない」
この部分です。

1件のアポを取るのには、たいへんな苦労があります。

根性論を持ち出すことはしませんが、相手の反論を真に受けていると
アポは取れません。

はじめての電話で本心は言ってはくれません。


相手の方は、あなたが真剣に会おうと思っているのか試しています。
だから、簡単に会うとは言ってくれないのです。

色々な断りを言われます。
中には嫌味を言う方もいます。


しかし、そういう壁を乗り越えた方のみがアポを取る事が出来るのです。


テレアポは自分から、「また掛けます」「失礼しました」と終了する事が出来ます。


簡単に諦める方は、自分で応酬話法が出来ずに、自分から電話を切るパターンが
多いです。

これに慣れてしまうと、反論されてイヤだと思うと自分から逃げるクセが付きます。

テレアポはやっているように見せる事も可能です。

電話を掛けるフリも出来ます。

「イヤーー、掛けているんだけど、ほとんど断られるだよ」
こんな事を言って、相手が悪いという事も出来ます。


この様な、自分からおりるクセが付いてしまうと、アポは取れません。


お客の言っている事を真に受けずに、応酬話法をする事が大切です。


粘りはそれなりに必要な事です。


テレアポのノウハウはこちら

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.