テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > テレアポの年間計画
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





テレアポの年間計画

◇テレアポの事前準備

今回は、「テレアポ年間計画」です。


弊社では、テレアポする量が月によって違います。

例えば、今月11月はテレアポの量が増えます。


これは、12月は統計上なかなかアポが取りづらいので、
12月分を前倒しで11月に行います。

12月も中旬になると「年末で忙しい」「来年にしてくれ」と言われてしまいます。

もしかすると、相手の方に電話出来るのは1回のチャンスかもしれません。
そのチャンスに相手が忙しくて、きちんと話しを聞いて頂けないと勿体無いです。


出来る限り相手の方には良い状態で話しを聞いて頂きたい、そんな思いで、
年間のスケジュールを考えています。


弊社のルールは以下の様になります。

1月は、テレアポを第2週から始めます。


4月・5月 GWの前後に注意しています。
GWの前は極力テレアポはしません。


8月 夏休み・お盆休みに注意します。
特に最近は夏休みも分散して取る傾向があるので、8月の量は落として、
7月・9月の量を増やします。


12月は「年末で忙しい」と逃げられる事が多いので、11月の量を増やします。

という事で弊社では11月が一番年間でテレアポの量が多いです。

単純な事ですが、年間計画を立てると色々(人員配置・リストの取得・
売上予測等々)見えてくるものがあります。

また、管理者の方に多いのですが・・・

無理な時期、例えばお盆休みにアポを取れという命令をされる方がいます。

その前の時期のアポが取れていないので、この様な指示を出される場合が
多いのですが。


根性ではアポは取れません。

相手が休みの時にテレアポをしても無駄です。

この様な指示をされる方は、計画性がないので、その時の状況によって
コロコロと変わります。


それに振り回されるアポインターは大変です。

コンサルティングやテレアポ代行をしていて思うのですが、
管理職の方はいまだに根性論を持ち出してくるので、やりづらい事があります。


そういう方は、ご自分は「根性」でアポを取ってきたようで、
そのやり方を強要する方が多いです。


この様な方は「出来ない・アポが取れない方」の気持ちが分かりません。

ですから、アポインターとの間にギャプがあります。

片方は根性!!

片方はアポが取れなくてどうして良いか分からなくなる。


この様な、チグハグなやり方でなくて、

なぜ、こうなるのか?
なぜ、そうするのか?


原因と結果の相関性が大事だと思います。


テレアポのノウハウです。

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.