テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 後回しにするクセ
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





後回しにするクセ

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は、「後回しにするクセ」です。

最近、弊社の社員とある件について話し合ったのです。

ちなみに、この話は直接テレアポとは関係がありません。

しかし、参考にはなると思います。


この社員は、営業マンなのですが外出から帰ってくると、
電話のメモやチェックしなければいけない書類を、一旦自分の見えないところに
追いやって自分のやりたい事から始めます。

お客様の中には急ぎの用件の方もいると思います。

しかし、彼は一旦は放っておきます。


自分の好きな仕事から始めます。


私は気になったので、彼に聞いてみました。

回答は、「特に気にした事はない」という回答でした。


彼の中では、「お客様が先ではなく」

「自分のやりたい事が先」「自分の好きな事が先」という事です。


最終的には、仕事のやり方という事で彼と話し合ってやり方を
変えてもらう事にしました。
まずは、帰社したら全体を見て、それから急ぎの案件から
処理していく様にしました。


これをテレアポに置き換えてみます。


リストの中で、自分の掛けたい会社にばかり電話していませんか?

リストに会社の規模や場所が掲載してあると、勝手に推測して掛ける先を
決めていませんか?

また、掛けたくない会社もあると思います。

そんな会社を避けていませんか?

自分の行きたい会社・自分の好きな業種、傾向が偏っていませんか?


人間だれしも好き嫌いはあります。


しかし、テレアポで逃げを始めるとキリがありません。

元々テレアポには「イヤな部分」断れる事へのストレスや気持ちの問題と
戦わなければいけない事があります。


そういう事もあるので、逃げるクセが付くとよくはありません。

人は一度楽な方法を取ってしまうと、次回からもその方法を選択します。


楽な事を続けてしまうと、なかなか元には戻せません。


特にテレアポでは、苦しい部分もあるので、逃げたくなるものです。


でも、逃げるクセが付くと戻すのは大変です。


電話した時は、他社で決まっているという事もあります。


リストで考え込まないで、機械的に順番にテレアポする事が重要です。


弊社の社員の話からですが、テレアポの気持ちの問題とも通じる部分があるので、
今回はこんな話になりました。


私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.