テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 同調する
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





同調する

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法


今回は、「同調する」です。


最近受けたテレアポでこんな事がありました。


そのテレアポを受けた日は、私は風邪を引いていてあまり調子が
良くありませんでした。


あるテレアポをされました、相手の方は受話器を取ると、
とても元気にしゃべり始めます。

しかし、私は元気がない・・・

私は電話の声も元気なく話していますが、その方は元気にしゃべります・・・


しばらくすると、私が辛くなってきて、(テレアポの内容ではなく、
電話している事に)「悪いのだけど、また電話して」と言うと、
何も言わず電話を切られました。


まず、何も言わずに電話を切る事はいけません。

もしかしたら、その方にまた電話するかもしれません。

その前にたくさん切られているかもしれませんが、断られても何も言わずに、
受話器を叩きつけてはいけません。


テレアポは突然の電話です。
相手の方の状況を考えずにこちらは掛けています。

相手が忙しい場合もあります。

切られる事は当たり前なのです。

それから、これは自分自身にも言える事ですが、

相手が元気がないのに、やたらと元気にしゃべる事はどうかな?

と思い始めました。

元気にしゃべるという事は決して悪い事ではありませんが、
相手の状況によっては、その「元気」が耳障りになる事があります。

自分の調子が悪い時にされて気づきました。

さて、ではどうすれば良いか?

相手が電話に出た瞬間に、相手の声のトーンを聞いて同調する事です。

相手の「もしもし」が元気だった場合は、こちらも元気に。

相手の「もしもし」が低いのトーンだったら、こちらも低目に。


瞬間的に判断して、相手に同調する事が必要だと思います。


テレアポは突然です。

相手の状況が分かりません。

そこで、最初の相手の「もしもし」から、トーンを感じとって対応策を取る、
このやり方が良いと思います。


また、テレアポの話しの内容によってもトーンは違うと思います。

テレアポする方の年齢によっても違うと思います。
テレアポする相手の年齢によっても違うと思います。


例えば、私は「社長」にテレアポする時は、少し落ち着いたトーンを心がけます。

これは、社長へのテレアポとなると内容も簡単な話ではないので、
トーンを低目にします。

しかし、若い方だと作り過ぎるのも良くはないので、ある程度は
元気にしても良いと思います。
その元気さを売りにするべきだと思います。


社長相手のテレアポですと、元気な営業マンを歓迎する場合もあります。

今回は自分で受けたテレアポで気づいた事ですが、
今までのテレアポで、自分だけが突っ走って断られていたケースも
あるかと思います。


この事例から学んで、今後注意していきたいと思います。


セミナーDVDはこちら ↓↓

http://www.telapo.com/seminar-dvd.htm

約2時間のDVDです。

価格は10,500円(消費税込み)です。


私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.