テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 力技
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





力技

◇テレアポの事前準備

今回は、「力技」についてです。


今年に入ってから、「テレアポ代行」の問い合わせが多いです。


これは、とても有り難い事です。


ただ・・・・


かなり「力技」の方の問い合わせが多いです。


電話口で、何のテレアポをするのかも言わずに「おたくに頼むと何件
契約取れるの?」(契約までは分かりません、アポ件数なら・・・)
「電話帳1冊渡すからやって」「アポ件数を確約しろ」等々


いつも言っている事ですが、テレアポをただやるだけでなく、
どうやるか が重要なのですが・・・

企画の段階から、どこをターゲットにするか?

どこからリストを持ってくるか?

どの商品やサービスで行うか?

↑この部分ですが、最近のテレアポ代行で高額商品を扱っている会社で、
なかなかテレアポでは伝わりにくかったので、商品を細分化して価格を下げて
テレアポしたらうまくいった例があります。


テレアポする商品やサービスは決まっている場合、先にありきの場合が
多いと思いますが、考え方を変えて、お試しの様な商材を作って、
それを使って頂いたお客の中から、本来売りたい商品を販売するという手法で
成功した例があります。


テレアポする前にする事が重要だったりするのですが、一般的には
どれだけ頑張ってテレアポ出来るかの部分に(確かに重要な事ですが)、
皆さん目がいっている様な気がします。

電話帳1冊丸々テレアポする事は出来ない事ではありません。

しかし、電話帳も高齢化しています、最近の若い方は電話帳に登録しません。

ですので、掛けると耳の遠いお年寄りが多かったりします。

でも数はたくさんあるので、数を多く掛ける事でテレアポ(労働)を
した気にはなります。

結果アポが取れれば良いですが、企画の段階から考えていないと
アポ取りは難しいです。

リストに関して簡単なところでは、ターゲット(業界・業種)を変える、
地域を変える事でアポが取れる場合があります。


電話で最初から、何件取れると聞かれる方がいますが、答え難い部分でもあります。

それは、その会社の業界での位置や商材・サービスのシェアやどういうリストかを
を聞かないと答えようがないからです。


考え方・志向の違いだと思いますが、私は決して取れないと思ってテレアポは
していません。

仮に悪い結果だったとしても、次にどうやっていくかを考えます。

1回目の失敗でデータが集まりますので、それを分析して次にやり方を決めます。


「テレアポは1日してならず」と思っています。


私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓
http://www.telapo.com/

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.