テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 時間配分について
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





時間配分について

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は、「時間配分について」についてです。


コンサルをしていて質問のひとつとして聞かれた事なので、
改めてメルマガの題材としてみます。


テレアポを何分行って、何分休憩するか?

そんな事は自分で考えてやれ!という方もいるかもしれませんが、
感覚がない方は、分からないのです。

質問の中では、アポも取れないで休んでいると怒られると思って休んでいません。
という意見もありました。


色んな考え方、意見があると思います。

答えは無いかもしれませんが、指針を述べるとすると、
弊社のアポインターでの決まりは50分テレアポで10分休憩です。

この50分の意味は色々あります。
人間の集中力の限界が60分と言われるので、50分にしている。
アポイターの方は、時給なので60分単位で物事が進む方が適している。

あまり長時間にテレアポがおよぶと、集中力が続かずに、
「ここ!」というチャンスを逃す場合があります。

テレアポの場合は、耳に全神経を集中するので、とても肩が疲れます。
あまり疲れ過ぎると注意が散漫になるので、相手の真意を聞き逃す事があります。

こういう意味で休憩を取る事は必要です。

それから、1件1件のスピードは速くしたいので、私は相手の言った事や
不在の理由、帰社時間等はメモ書きにしておいて、10分の休憩の時にレヴューを
してリストに書き込みます。

これをする為にも、50分以上テレアポをすると、何を書いたか忘れるので、
10分休憩してまとめます。


しかし、ノリに任せる時があります。

「今日は調子がイイ」という時は時間に関係なく続けます。
調子がイイ時は、何件もアポが取れるので休憩はしません。

「ノリ」に任せて飽きるまでやる事があります。

「ノリ」とは
話す事がうまく出来る時、ポンポン言葉が出てくる時。
リストが良くて掛ければ連続してアポが取れる様な時です。

こういう場合は、長時間テレアポしないと、もったい無いからです。

逆に流れの悪い時は、途中でやめて休憩を長く取ります。
頭の切り替えをしたり、リストやスクリプトを見直したりします。
もしくは、一旦テレアポから離れて別の事をする場合もあります。


先週はセミナーでしたが、セミナーの構成も50分がセミナーで、
10分が休憩です。
セミナーを受ける方はほとんどじっと座っているので、
集中力という意味では50分位が限界でしょう。


どんなに良いセミナーをしても、聞いて頂けないと意味がありません。


これと同じで、テレアポもせっかく話を聞いて頂ける方がいても、
その時に疲れ切ってしまっていては、力を発揮する事は出来ません。


休む事は決して悪い事ではありません。

何の為の休むのか?この事がポイントです。
サボるのとは違いますよ。


驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法


昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

http://www.telapo.com/seminar-dvd.htm

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.