テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > リストと企画の整合性
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





リストと企画の整合性

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は、「リストと企画の整合性」についてです。

コンサルティングやテレアポ代行でポイントとなる事に、
リストとテレアポの企画内容が合っているかどうか?

この部分があります。


リストは数多くある事に、こしたことはありません。

しかし、まったく企画と合っていないとアポは取れません。

極端な例ですと、「電話帳」でひたすらに電話をする。

数は多く掛けられますが、企画と対象が合っていない場合が多く、
ただ掛けただけで終わってしまうケースがあります。

このケースですとアポインターは疲弊します。

掛けても掛けて、アポが取れないと疲れるものです。

なかなかリストにお金を掛けられない方もいらっしゃると思いますが、
ただテレアポをするだけというのは辛いものです。


そこで、テレアポの企画を考える事が必要になってくる訳です。

例えば、ある商品があったとして、誰に売れるか考えると思います。

個人なのか?
法人なのか?

類似商品は誰が買っているのか?

他社はどういうところに電話をしているのか?

自社の顧客はどういう顧客で、この顧客に新商品としてテレアポ出来ないか?

どういう会社・人に買ってもらいたいのか?


考えるポイントは多岐に渡ります。


大きな会社なら、マーケティング部門がきちんとデータをとってターゲットを
絞っていると思いますが、小さな会社は、先にマーケティングを
している費用はないと思います。

そこで、先にあげた様な部分から、リストを作り上げていくと思います。

リストの作成方法に正解はありません。


私も、リストを作り上げていきます。

ただし、一度に完璧に集め切る事はしません。

何パターンかのリストを用意して、テレアポをして統計をとります。


そして、その中で一番良かったリストの内容を再度吟味して、
そのリストの良かったと思われる部分を掘り下げて、新しいリストを作ります。

しかし、最初に大量のリストを購入したりしてしまうと、そのリストの反応が
悪かった場合にそのリストから離れる事が出来なくなってしまいます。

お金を掛けたから
もったいないから
数をもっと掛ければ取れるはずだ


ダメなリストに何回掛けても無駄です。

諦める事も必要です。


この様に、テレアポ成功の要素の中に、「リストと企画の整合性」があります。


この考え方の中には、リストに合わせてテレアポの企画を変えるという
方法もあります。


 
驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法


昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

http://www.telapo.com/seminar-dvd.htm

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.