テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > テレアポに必要な要素
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





テレアポに必要な要素

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は、「テレアポに必要な要素」についてです。

ちょうど、5月10日に発売予定の「テレアポノウハウ本 第三弾」の内容と
リンクして書きたいと思います。


5月10日にテレアポ本を発売します。

書店に並ぶのは、その週末の12日頃だと思われます。

さて、今回は何を書いたかと言いますと、テレアポコンサルタントの立場で
書きました。

今までの2作は、テレアポ職人の立場で「ノウハウ」を書きました。

これは、これでテレアポをやる上では、大切な事です。


今回は、前2作とは違って、事例を中心として、その事例の良い点・悪い点、
良いとしたら、どういう部分が良いのか?
悪い場合は、何が悪いのか、どうしたら良くなるのか?

こういう内容で書いています。


テレアポを実践している方の事例ですので、テレアポをやられる方には、
数多くの気づきがあると思います。


また、他人の成功例・失敗例を自分に置き換える事によって、自分のテレアポの
進む方向が合っていたのか、そうでないのかが、分かります。

なかなか正解の分かりづらいテレアポです。
今回の本は自分のテレアポでの位置を確認する上でも役立つ事と思います。


この本には「マインド」「リスト」「スクリプト」「話し方」の 
4つで構成されています。

テレアポに必要な基本要素はこの4つです。

この4つがバランス良く出来るとテレアポはうまく出来ます。


順番もこの順番が適切だと思われます。


「マインド」

主には、断れる事に対する、嫌われる事に対する、心の持ち方について
書いています。

テレアポにおいて、一番の問題点です。
皆さんが一番苦労する部分です。

しかし、テレアポでは切っても切れない事です。
この切れないという前提でどうやっていくかが書いてあります。

しかし、「全力でやれば何とかなる」 とは言いません。

人間の頭や思考は自分である程度コントロール出来ます。

テレアポでは、「声しか使えない」という不利な条件があります。

声しか使えないなら、どうやっていくのか?
自分が選択するという、発想を変えるやり方等々。
かなりの量で、「マインド」について書いています。

テレアポで悩んでいる方は是非読んでください。

「リスト」
リストについては、セミナーやコンサルで一番質問の多い部分です。

しかし、皆さんは大きな間違いを犯しています。
リストは、どこかにあるのではなく、作り上げていくものです。

リストに対す考え方を書いています。
作成方法を書いています。

「スクリプト」
スクリプトも大切なもののひとつです。

こちらも、私が使っているスクリプトを例として取り上げて、
このスクリプトの構成の意味を解説しています。

人とのコミュニケーショには、それなりに意味があります。
心理学も応用しています。
「テレアポのスクリプト」にどういう意味があるのか、ただ話しているだけでは
ありません。
 
アポというゴールに向けて、どうやって組み立てていくのか解説しています。

「話し方」
話し方をきちんと考えましょう。

テレアポは声だけですべてを伝えなければいけません。
という事は、この話し方によって、伝わるかどうかが決まります。


相手の方にどうやったら伝わるのかを具体的に解説しています。

多分、多くの方は「話し方」まで考えていません。
しかし、とても大切な事です。


心理学者の話し方の論理、メラビアンの法則では、
話しの内容 7%に対して、話し方 38%という割合になっています。

内容よりも、話し方の方が割合は多いのです。

更に、この法則では、ボディーランゲージが55%です。

声だけのコミュニケーションのテレアポでどうやってボディーランゲージを
使うかも解説しています。


今回の本の中では、テレアポに必要な「マインド」「リスト」「スクリプト」
「話し方」について、たっぷりと書いています。

今回は文章として書いているので、文脈や言葉の意味や行間を考えながら
読んで頂きたいと思います。

テレアポでは、「マインド」「リスト」「スクリプト」「話し方」どれかが
欠けてもうまくいきません。

テレアポがうまくいかないとしたら、この4つのどこかに問題あります。

ご自分のテレアポにおいて、この「マインド」「リスト」「スクリプト」
「話し方」がきちんと出来ていて、連動しているかどうか確認して下さい。


数多くのコンサルティングをさせて頂くと、テレアポの問題はこの4つの
どれかである場合がほとんどです。

テレアポの基本要素であり、チェックするポイントでもあります。

テレアポがうまく出来ない時は、全体を考えるよりも、この4つの内容を
チェックする方が良いです。


驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法

テレアポの極意

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

http://www.telapo.com/seminar-dvd.htm

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.