テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 相手に合わせる
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





相手に合わせる

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は、「相手に合わせる」についてです。

最近、数社のコンサルティングを平行して行なっています。

このところの景気を反映してか、コンサル・講演の依頼を多数受けています。

色んな業界のコンサル・講演をしています。

「今、チャンスです!!」


数年前までは、デフレの世の中で「物・サービス」を売る事が難しい世の中でした。

テレアポは相手があっての事なので、相手に「景気が悪くて。。。」と言われると、
なかなか切り返せません。

しかし、今は相手は「話は聞く」スタンスにいます。

ですから、今、色んな業界がテレアポに力を入れています。


テレアポは結論が早いので、すぐに始められます。


集客の手法として、簡単に始められる手法です。

そんな事で、今コンサルを多数しています。

その中で、数社に共通した事があります。


なかなかアポが取れない方が、別のそれぞれの会社に数名いました。

多少の違いはありますが、共通項がひとつあります。

それは「応用」が出来ない。


彼らは、スクリプトを完璧に作ってからでないとテレアポが出来ません。
一字一句すべて作り上げないとテレアポが始められません。


確かに「スクリプト」は大切です。

しかし、テレアポには相手が存在します。

相手の言っている事にうまく対応しないと、アポは取れません。


応用が出来ない人は、相手の反論に対してのスクリプトも決まっています。

ただし、場合によってはこの応酬話法のスクリプトが、その場面では
合わない場合があります。

しかし、決まった対応しか出来ない。。。


これだと話が噛み合わない事があります。


聞いているとスクリプト通りなので、変ではありません。


しかし、テレアポが終わった後に、相手の言った事を聞くと、
変な会話をしている場合があります。


例えば、

「今忙しい」と言われたのに「弊社の商品は」と商品説明をする。

「興味がない」と言われたのに「是非、一度話しだけでも聞いて下さい」と
切り返す。


どちらも100%、おかしい訳ではありません。


「今忙しい」と言われたら、「いつまで忙しい」と聞く。

「興味がない」と言われたら、「すでに他社を使っているか?」と聞く。


相手の言葉尻をとらえて、会話をする事が必要です。


一方通行、自分の言いたい事だけ言う、スクリプトを言い切る。
これをすると会話が成立しません。


テレアポは人と人の会話です。


スクリプトは途中までは大切ですが、相手に合わせる事の方が大切です。

驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法

テレアポの極意

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

http://www.telapo.com/seminar-dvd.htm

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.