テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 大手と中小企業のテレアポの違い
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





大手と中小企業のテレアポの違い

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法


今回は、「大手と中小企業のテレアポの違い」についてです。


この半年位、色々な企業のコンサルティングを数多く行なっていました。

・個人向けの投資商品

・法人向けの新規開拓

・新人アポイターの教育

・コールセンターの立ち上げ 等々


色々とやりました。


ひとつ気づいた事があります。

個人・法人、大手・中小企業、業界・業種 、違いはあっても、
テレアポの基本は同じだとあらためて気づきました。


大手企業にいくと、「内の会社の事を分かっていない」と
私のノウハウを拒否されます。
しかし、その会社のやり方ではアポが取れていないので、我慢して使って頂くと、
アポが取れだして理解して頂ける様になります。


業界を分かっていない。
商品を分かっていない。
内のお客の特性を分かっていない。


色々な事を言われます。

でも、相手にしているのは同じ人間です。


確かに業界の特性は分かっていた方が良いです。

しかし、相手にしている人間の事を分かるべきです。


人はテレアポされてどう思っているのか?
人はテレアポされてどうするのか?


電話相手に対する対応策を考える事の方が重要です。


ですので、色々な事を言われても、抵抗されても、私のやり方はブレません。


テレアポに必要な

・マインド
・リスト
・スクリプト
・話し方

この4つの要素を、私はきちんと理解しています。


テレアポが出来ない場合は、この4つのどこかがオカシイのです。

数多くのテレアポをして、数多くのコンサルティングをし、
アドバイスをしてきたので、傾向と対策を持っています。


ですので、的確なアドバイスが出来ます。


この4つの要素がバランス良く揃って、はじめてテレアポがうまくいきます。


テレアポがイヤだと思ってやっていては、絶対に取れません。
イヤだと思っていると、その事が声にノリます。


悪いリストだと、アポは取れません。
なかなかアポが取れないテレアポなので、すぐに諦めてはいけませんが、
取れないリストは存在します。

リストを見直す事も重要です。


スクリプト、自分の話す内容を簡潔にまとめる事が重要です。
自分のしゃべっているところを録音してチェックして下さい。

長い説明をしても、電話では声だけなので、全ては伝わりません。


話し方によって伝わるかどうかが決まります。
人は話しの内容よりも、話し方(声・スピード・大きさ)を重要視します。

ニュアンスの部分ですが、話し方を変えるだけでアポが取れる場合があります。

例えば、高額な商品のアポ取りが、幼い声の持ち主と
冷静で落ち着いた声の持ち主から電話が掛かってきた場合に、
お客がどちらを選ぶか?

自分の声を録音して確認する事が重要です。

テレアポの本質はこの4つです。

・マインド
・リスト
・スクリプト
・話し方


この4つがバランス良く出来れば、うまくアポが取れます。


個人・法人、大手・中小企業、業界・業種 、違いあっても、
テレアポの本質は変わりません。


コンサルティングをご希望の方はこちら ↓


コンサルティング

驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法

テレアポの極意

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

http://www.telapo.com/seminar-dvd.htm

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.