テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 相手も話したいのです。
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





相手も話したいのです。

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は、「相手も話したい」についてです。


先日、電車に乗っていたら、お金持ちそうなおばあさん 二人が話していました。


私は目の前に座ったので、何気なく見て・聞いていたのですが。


ひとりの方が、先日行った、ヨーロッパの話をしています。

どこどこのお店で買い物をした。

ホテルはどこで。

友達の○○さんがどうした 等々


延々と一方的に話しています。


もうひとりのおばあさんを観察すると、相槌は打っています。


しかし。。。


あんまり話を聞いていません。


電車の中なので、視線は中刷り広告を見ています。

耳は聴いていますが、頭の中は別の事を考えている感じです。

一方的に話すおばあさんは、相手が聞いているかどうかまったく関係ありません。

自分のしゃべりたい事だけ、ひたすらにしゃべっています。

その後、しばらくして、立場が逆転します。


一方的に話すおばあさんが、話し疲れてペースが落ちたところで、
もうひとりのおばあさんが、孫の話を始めます。


この話も一方的に延々と続きます。

んーーーー、なかなか見ていて面白かったです。


まず、2人いると会話の量は最終的には同じになるのですね。

この2人、ほぼ同じ時間話しています。


また、誰しも一方的に話されるのは嫌い=自分も話したい。

こういう心理もあります。


今度、集団での会話で、話す時間に違いがあるか統計を取ってみたいと思います。

テレアポの場合は、掛ける側が一方的に話すケースが多いです。


しかし、一方的に話した場合はあまりアポは取れません。


会話はキャッチボールですので、交互に話していくと、お互いの
コミュニケーションの度合いが深まります。

コミュニケーションが深まると親近感が生まれ、相手の話している事を
理解するので、アポが取れやすくなります。

テレアポで相手の会話の事を気にしている方はあまりいません。

自分の話したい事(電話の目的)

反論への切り返し(応酬話法)

クロージング

こういった自分が発信する事に意識がいっていると思います。


その事自体は間違っていませんが、

「相手に話しをさせる事」も考えてみてはいかがでしょうか?


その方法はひとつです。


「質問する」

質問すると、相手は答えてくれます。


そこから話を広げていくのです。
一方的な話し方だと、説得された、押されたという、嫌な感じが残ります。


驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法

テレアポの極意

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

http://www.telapo.com/seminar-dvd.htm

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.