テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 型を崩す事も必要です。
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





型を崩す事も必要です。

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は、「型を崩す事も必要です」についてです。


今回、「ひとりごと」で緊張したという事を書きました。

この時の話の内容が、別の方と同じ様な内容だったので、
考えていた内容と、実際に話した内容をその場で変えました。

そんな事もあって、緊張したのですが。


テレアポでも、相手の反応によっては、瞬間的に話の内容を
変えなければならない場合があります。


この時は、緊張・アガル等々、心理的には追い詰められていると思います。

しかし、ここは頑張りどころです。


例えば、相手がせっかちな方で用件を早く言えと言われたら、
結論をズバットと伝えないといけません。

私は「ゆっくりしゃべる」と教えていますが、この場合は早口でも構いません。


相手があっての事です。

相手に合わせる事も必要です。


まず、相手のペースに合わせて、それから自分のペースに戻すか?
相手のペースのまま進めるか?


一度、自分の型が出来ると、絶対に崩さない方がいます。

それは、それで間違っていませんが。


自分のこだわりによって、アポイントが取れる機会を損失するかもしれません。


相手が用件を早く言えというのは、他のテレアポでイヤな思いを
している場合が多いです。


同じ様な自分に必要の無い内容のテレアポは、断りたいのです。


ここさえクリア出来れば、次にいける可能性があります。


勿論、この段階で断れる可能性もあります。

しかし、断れる事があってのテレアポです。

ダメなものはダメなのです。

時々、自分のやり方を敢えて壊す事も必要です。


習慣は必要な事ですが、壊して、また作りという行為も必要です。

変化は常に必要なのです。

耳の訓練に適しています。
この通信講座の目的のひとつに「耳を良くする」という事があります。
好評のテレアポ通信講座です。
この講座は、
「いつでもはじめる事が出来、いつでもやめる事が出来ます」

テレアポ通信講座 詳しくはこちら

今すぐクリック ↓ ↓

 テレアポ通信講座

 


 
驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法

テレアポの極意

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

http://www.telapo.com/seminar-dvd.htm

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.