テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 携帯電話へのテレアポ
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





携帯電話へのテレアポ

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は、「携帯電話へのテレアポ」についてです。


今回は、皆さんにも考えて貰いたいテーマです。


是非、考えてみて下さい。

自分だったらどうするか?

自分だったらどう考えるか?


最近、2件ほど、携帯電話にテレアポをされました。

会社が終了すると、弊社は留守番電話になります。
「会社が終了した事のアナウンスと、緊急の場合にと
携帯電話の番号をアナウンスしています」

弊社は人材の仕事もしているので、急に休みたいとか、病気になったという
連絡の為に、携帯電話の番号を留守電に入れています。


今回は、この留守電を聞いて、携帯電話にテレアポをされた話しです。

携帯電話へのテレアポは、このメルマガでも何度か触れています。
相手が移動中だったりするので、私個人としては避けるべきと思っていました。

しかし、私が携帯にされた2件のテレアポの相手は、まったく悪びれる様子もなく、
(悪びれてしまうと切られてしまうのでしょう)、淡々と話します。

こちらの、状況は確認しません。

私は、1件は電車の中だったので、電車を降りて対応しました。
あまり良く聞こえなかったので、電車を降りました。

そして、内容を聞くと。。。 テレアポでした。

私は、急ぎなのか?
何故、携帯にまでテレアポするのか?
私の状況をなぜ確認しないのか?

色々と聞きますが、相手は何を聞かれているのか、何が悪いのかという感じです。


ここで、私は考えました。

「間違っているのは、私?」
「携帯電話にテレアポするなんて、当たり前の事」

世の中の主流がどちらにあるのか?

所謂、携帯世代、生まれた時から携帯電話がある世代がこれから働き始めます。

この世代にとっては携帯電話は「命」です。

少し前に、舘ひろしが娘と体が入れ替わってしまうというドラマを
やっていましたが、その中の娘のセリフで「命より大事な携帯」という
セリフがあります。

この世代は、マーケティングでも注目されていて、PCでの入力よりも、
親指での入力に慣れていて、PCのキーボードは使わないそうです。


彼等にとって、携帯にテレアポする事に躊躇はないのかもしれません。

弊社の留守電で携帯電話が分かったので、電話しただけ、悪いとは思っていない。

こんな感覚なのかもしれません。

今後、この考え方が主流になると、私の携帯電話にテレアポをしないという
考え方は間違っている事になります。

皆さんはどの様に考えますか?

・携帯電話にテレアポはするべきでない。

・携帯電話にテレアポしても構わない。


考え方としては、色々あると思います。

また、まだ今は固定電話の番号しかリストとして入手出来ないので
(個人向けは違いますが)、今後、携帯電話の番号が入手出来た場合にどうするか?

私も明確な答えはありません。

時代は変わりますし、今の正解が今後ずっと正解だとは限りません。

変化する事は必要です。

変化をしないで、文句を言っても取り残されるだけです。


携帯電話へのテレアポが主流になると、出だしのスクリプトも
変えなければいけません。


今回の1件、私としては色々と考えさせられる1件でした。


皆さんはどの様に思われるのでしょうか?


耳の訓練に適しています。
この通信講座の目的のひとつに「耳を良くする」という事があります。
好評のテレアポ通信講座です。
この講座は、
「いつでもはじめる事が出来、いつでもやめる事が出来ます」

テレアポ通信講座 詳しくはこちら

今すぐクリック ↓ ↓

 テレアポ通信講座

 


 
驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法

テレアポの極意

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

http://www.telapo.com/seminar-dvd.htm

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.