テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 携帯電話へのテレアポ その2
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





携帯電話へのテレアポ その2

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法


今回も、「携帯電話へのテレアポ」についてです。

前回、携帯電話へのテレアポについて、どの様に考えるか、
意見を募集しました。


頂いた回答は、「携帯電話へのテレアポ」には、否定的な意見が多かったです。

まずは、貴重なご意見を頂いた事に感謝いたします。


代表的な意見を掲載します。


・相手の携帯にかけるのは、仕事の話であれ相手がトイレや葬式参列中かも
知れない“プライベート”な空間にいて個人の携帯であることから、極力
かけるのを避けるのが、マナー。


・やはり携帯電話へのテレアポは避けるべきだと思っております。
理由は、プライベートの時間である可能性が高いということです。
プライベートの時間の時に、仕事に関することでテレアポを受けた場合、
会社の固定電話にかけていれば会って頂けるお客様でも、
ほぼ、気分を害されて会っていただけないと思います。


・テレアポは我々も含め皆さんがやっていることであり、
数多くの電話が飛び交っており、嫌悪感を持つ方も数多くいると思います。
また、中にはマナーを無視した電話も数多くあります。これがエスカレートすると、
電話営業自体に法の規制がかかりそうな気がしてなりません。


・携帯へのテレアポは、私は賛成できません。
相手の状況が固定電話よりも悪い可能性が高いですので、
相手にされないことが考えられます。
(また、個人的な意見になりますが、)
携帯にまでかけてこられると、はっきり言って「しつこい」のではないでしょうか?

・私は基本的にはしない方が良いと思っていました。
固定電話はビジネス、携帯はプライベートという概念が私の頭の中にあります。


こちらのブログにも、ご意見頂いております。

テレアポ・電話営業専門ブログ
http://linkup.livedoor.biz/


今回は、携帯電話へのテレアポは問題ない・OKです。
という意見はありませんでした。

しかし、現実に私のところへは掛かってきています。

この掛けた方も悪いとは思っているが、掛けたという事なのでしょう。


会社の方針か、営業ノルマの問題か、切羽詰まっての事なのでしょう。


しかし、どこかで線引き、自主規制しないと、意見にもありましたが、
「規制」させる事が考えられます。


それから、私が感じているのは感覚の違いです。

もし、新入社員で携帯電話にもバンバン電話しろと言われたら、
その通りにすると思います。

これが、基準になります。

携帯電話にテレアポする事に違和感は感じません。

こういう人が多くなると、常識が変わります。


私も携帯電話にはテレアポはしませんが、今後は分かりません。

極力避けたですが、しなければならない時が来るかもしれません。

時代は変わります。

状況は変わるのです。

9月2日(日)の夜中の0時36分(正確には9月3日ですね)に、
携帯電話が鳴りました。

すでに、私は寝ていました。

寝ぼけながら、表示された番号を見ると知らない番号です。
頭がはっきりしていなかったので、間違い電話かも知れないので、
無視しようとします。

しかし、なかなか電話は鳴り止みません。

そこで、意を決して出ると。。。

テレアポの商材の内容に関する問合せでした。

しかし、この夜中に、弊社の留守電を聞いて、携帯電話の番号を
知って掛けてきた訳です。

冒頭から、夜中だという事を悪びれる事もなく、普通に話し始めます。

私は途中で「今何時だは分かっていますか?」と聞きました。

そうすると、「また、明日掛け直します」と。


今回のテーマとはテレアポではないので、少し違うかもしれませんが、
これが現実だと思います。

24時間のコンビニの普及により、色々なものが24時間化しています。


感覚の違いには、時間感覚の違いもあります。


今回、ご意見を頂いた方は携帯へのテレアポは否定的な方々です。
しかし、そうでない方は必ずいます。

この夜中の電話は、丁度タイムリーな例です。

弊社は人事募集もしていますので、募集期間は会社が終わったら、
携帯電話に転送をするのですが。

夜中でも、結構電話が掛かってきます。
朝5時なんてのもありました。

今は、22時位で転送を解除する様にしていますが、
これも感覚の違いなのでしょう。


眠らない人はいるのです(笑)


今回のテーマ、答えはありません。


内容に関しては、皆さんが考えて下さい。

私としては、今回の様に皆さんにご意見を聞く事は、とても参考になりました。

耳の訓練に適しています。
この通信講座の目的のひとつに「耳を良くする」という事があります。
好評のテレアポ通信講座です。
この講座は、
「いつでもはじめる事が出来、いつでもやめる事が出来ます」

テレアポ通信講座 詳しくはこちら

今すぐクリック ↓ ↓

 テレアポ通信講座

 


 
驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法

テレアポの極意

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

http://www.telapo.com/seminar-dvd.htm

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.