テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > しゃべるスピード
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





しゃべるスピード

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は、「しゃべるスピード」についてです。


先日、ある会社にコンサルティングに行ったのですが。

実践に入ると、全員物凄い早口です。

ロープレの時は、比較的ゆっくりだったのですが、実践モードに入ると、
必死なのか、とても早口です。

全員が早口なので、注意してもなかなか直りません。

そこで、まず、ICレコーダーに録音して自分のしゃべりを聞いて貰いました。
そうすると、早口だというのは理解して貰えますが、実践に戻ると、
また、早口になってしまいます。

全員が早口なので、ゆっくりしゃべろうと思っても、他の早口の人に
引っ張られてしまうのです。


そこで、まず、それぞれが席を離れて、他の人の声が聞こえない様な状況にして、
テレアポをして貰います。

そして、隣で私がゆっくりのテレアポを実践します。


ひとりひとり時間を取って個別にこれを繰り返しました。

1日目はなかなか直らなかったですが、2日目にやっと少しづつ効果が
出てきました。


周りの状況というものも、テレアポでは重要な部分です。
耳から早口のしゃべりが入ってくると、引っ張られます。

人は周りのテンポに流されやすいです。
都会の人ごみで、ひとりだけゆっくり歩くが難しいのと同じです。


そこで、席の配置を変える事をします。
他の人の声が聞こえない様にします。

人の声は前に向かいます。
声は、自分の口の前から広角に広がります。

これは口です → 口 < 声の広がり
口のまん前が一番聞こえ、広がるほど、聞こえなくなります。
この事から、席の配置として、前に向かいあって座るより、互い違いか、
横に座る方が良い場合があります。


また、となりや近くにうまい方を配置するという方法もあります。

うまい人が近くに居ると自然に耳から入ってきます。
九官鳥やオウムではないですが、耳から入ってきた情報は口から出て行きます。

言葉もまず聞いてから、話す という順番です。

聞いた事がない言葉は話す事が出来ません。

こういう部分で、うまい人のテレアポを耳から勝手に入れるという事をします。

これを続けると自然と、そのうまい人のやり方に似てきます。
応酬話法等も毎日聞いていると、自然に出てきます。


また、私はICレコダーを良く使います。

通常はしゃべるスピードの確認で使います。

最近では、苦戦しているテレアポがあって、解決策がなかったので、
ずっと録音してみました。

それを後で聞きなおすと、なかなかアポが取れないので、焦ってスクリプトを
変えてしゃべっている自分がいました。

ある程度、同じ事をしゃべらないと、統計がとれません。

また、アポが取れていないので、声に自信がなかったりします。

録音すると、色んな部分が見えてきます。

耳の訓練に適しています。
この通信講座の目的のひとつに「耳を良くする」という事があります。
好評のテレアポ通信講座です。
この講座は、
「いつでもはじめる事が出来、いつでもやめる事が出来ます」

テレアポ通信講座 詳しくはこちら

今すぐクリック ↓ ↓

 テレアポ通信講座

 


 
驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法


テレアポの極意

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

http://www.telapo.com/seminar-dvd.htm

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.