テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > アポの質
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





アポの質

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法


今回は、「アポの質」です。


最近のテレアポ通信講座の相談の中に「アポの質」の相談がありました。


テレアポ通信講座 ↓
テレアポ通信講座

アポインターと営業の方が分かれていると、アポの質が悪いと怒られるそうです。

中には、絶対に契約にならないと訪問しないという、テレアポもあるそうです。

  ↑ これがどういうアポの事なのか?私には分かりませんが。。。


世の中に「絶対」はないと思います。

機会損失という言葉があります。

もし訪問していて、きちんと説明したら、契約に至るかもしれません。


しかし、これは、事前には分からない事です。

電話では、声だけで伝えるので勘違いもあります。
十分に伝わっていない状態でのアポもあるのです。

しかし、電話でしつこい位に確認をしてしまうと、アポが取りづらくなります。

この加減をどの部分で「OK」とするか?

とても難しいと思います。

ですので、今回の相談の場合は、自分で判断して、「良い」と思ったら、
どんどん「アポ」としてカウントして下さい、とアドバイスしました。


自分で判断する事をし続けると、耳が慣れてきます。

この人のこの声の感じだと、きちんと理解している と分かる様になります。

「慣れ」は必要です。

慣れれば、自然に自分の中の基準が生まれます。


しかし、「絶対に契約になるアポ」や「質の高いアポ」と言われてしまうと、
何をもって質が良いのか判断が付きません。

試しに、質にこだわれという人に、どういった事が良い質なのか聞いてみて下さい。

恐らく、答えなれないか、「契約になるアポ」と答えるでしょう。

そこで、契約になるアポについて具体的に解説してもらって下さい。

これが、明確に説明できたらスゴイです。


ただし、一般的には、明確な答えはありません。
これが、分かったら「テレアポを極めた」という事になります。

もしくは、電話で相手の心理が分かるなら、何をやってもうまくいくはずです。


アポの質にこだわる事は必要な事です。

しかし、あまり考え過ぎると、せっかくの機会を無駄にしてしまう事があります。

それは、テレアポでは相手の顔が見えないので、相手の真意が分からないからです。

テレアポでは、数多く断られます。

その断れる方の中に、「ウソ」を付いている方がいます。

あなたは、相手の顔が見えないので、その「ウソ」を見抜けません。


そこで、応酬話法や慣れが必要になってくるのです。


間口を狭くすると、それなり弊害が出てきます。
テレアポでもバランスが重要です。


耳の訓練に適しています。
この通信講座の目的のひとつに「耳を良くする」という事があります。
好評のテレアポ通信講座です。
この講座は、
「いつでもはじめる事が出来、いつでもやめる事が出来ます」

テレアポ通信講座 詳しくはこちら

今すぐクリック ↓ ↓

 テレアポ通信講座

 


 
驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法


テレアポの極意

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

http://www.telapo.com/seminar-dvd.htm

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.