テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > アポが取れる人と取れない人の違い
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





アポが取れる人と取れない人の違い

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法


今回は、「アポが取れる人と取れない人の違い」です。

よく、アポが取れる人と取れない人の違いについて議論されます。

最近、弊社に優秀なアポイターが入られて、よくアポが取れるので、
何が違うのかな? と考えてみました。

弊社ではテレアポの代行をやっています。
アポを取りを外注したい方は 是非!

http://www.telapo.com/dai.htm

話し方ややり方が極端に違うということはありません。
特別な能力を持っているというわけでもありません。

では、何が違うのか?

アポを取ることに対して前向きで、真剣である 

これが一番違うような気がします。


例えば、代行をしていると、細かいことを聞かれた場合に答えられないことが
あります。

その時に、すぐに私やクライアントに確認をします。

返答に困った場合は、私に応酬話法を聞いてきます。

そして、それをすぐに実行します。


取れない人は、分からないことがあっても、流してしまいます。

なんとなく、流して、次に同じことが起きても、同じことでつまづきます。

しかし、本人は、こんなことは意識していません。


アポが取れる人も、前向きで、真剣であると、本人が意識しているわけでは
ありません。

アポが取れる人にとっては、分からないことがあったら聞くことは
当たり前のことです。


基準がどこにあるのか?

例えば、時間にいつも遅れる方は、時間に遅れることをあまり気にしません。

しかし、いつも時間通りの人は、時間を守るということが重要なことでは
ありません。
普通のことなのです。


マトリックスという映画で、戦いの場面があります。
主人公は、はじめは相手のスピードについていけません。

しかし、速いことが普通のことであると意識を変えると、スピードが増します。

私もよく仕事がはやいと言われますが、あまりはやいとは思っていません。

なぜなら、もっとはやい人をたくさん知っているからです。


意識の違い、基準の違い、自分の立ち位置の違いによって、物事は変わってきます。


耳の訓練に適しています。
この通信講座の目的のひとつに「耳を良くする」という事があります。
好評のテレアポ通信講座です。
この講座は、
「いつでもはじめる事が出来、いつでもやめる事が出来ます」

テレアポ通信講座 詳しくはこちら

今すぐクリック ↓ ↓

 テレアポ通信講座

 


 
驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法


テレアポの極意

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

http://www.telapo.com/seminar-dvd.htm

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.