テレアポ・電話営業辞典 > 番外編 > 携帯電話が20歳
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





携帯電話が20歳

◇番外編、雑学

 今回は、「携帯電話が20歳」です。

 先週の成人式のテレビの特集で、「携帯電話もハタチです」と言っていました。

 もう20年経つのですね。


 携帯電話の出現で、「電話」というものの文化が変わったと思います。


 私は40代なので、ハタチの人とは倍の年齢です。

 私や私より前の世代の方にとって、電話は高価で貴重なものでした。


 自宅に電話が付いたのは、記憶が曖昧ですが、幼稚園の頃だと思います。

 それまでは、近所の人のところにしか電話はなかったような記憶です。

 電話を借りにいったり、緊急の電話がそのお宅に掛かってきた記憶があります。


 自宅に電話が付いてからも、ほとんど掛けた記憶はありません。

 通話料も高かったので、長電話は禁止されていました。


 中学生になって彼女と電話するのは、近所の公衆電話でした。

 10円玉をたくさん握り締めて、ドキドキしながら電話したのを覚えています。


 彼女の自宅に掛けるので、お父さんが出ると、もうシドロモドロです。

 悪いことをしている訳ではないのですが、謝っています。


 この時代でも、電話は安直なものではありません。


 また、これは個人的な見解ですが、男性と女性だと、
 女性の方が電話はうまいと思います。

 それは、女性は長電話をするからです。

 電話で会話をすることに慣れています。


 一方、男性には長電話の文化はありません。

 よって、電話に慣れていません。


 こういう違いがあると思います。


 そして、携帯電話が生まれた時からある世代。


 今後、この世代が電話を掛ける・受ける主流になる時代がきます。

 この世代は電話をすることには慣れています。
 自分専用の携帯を子供の頃から持っています。

 だた、問題があります。


 友達や友人との会話には慣れていますが、ビジネスに使用することには、
 慣れていません。

 そこで、ビジネス用のやり方をマスターすれば、うまくなると思います。


 電話の経験年数は、長いので、その経験を良い方向へ持っていけば、
 強力な武器となります。


 悪い方向へ行ってしまうと、無神経なテレアポになりますが、
 きちんとしたやり方を教えると、良い方向へ向かうと思います。


 今回は、最近コンサルの依頼があった、最年少21歳の方との
 やり取りから感じたことでした。


 
耳の訓練に適しています。
この通信講座の目的のひとつに「耳を良くする」という事があります。
好評のテレアポ通信講座です。
この講座は、
「いつでもはじめる事が出来、いつでもやめる事が出来ます」

テレアポ通信講座 詳しくはこちら

今すぐクリック ↓ ↓

 テレアポ通信講座

 


 
驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法


テレアポの極意

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

http://www.telapo.com/seminar-dvd.htm

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.