テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 変化
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





変化

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

 今回は、「変化」です。

 最近、セミナーやコンサルで相談されたのですが、
 違う業界の方なのですが、同時期にアポがまったく取れないという相談を受けます。


 ひとりは、反響テレアポで展示会やアンケートに答えてくれた方へアポを取る。

 アポが取れないということで内容を聞いてみると。。。。

 とても、オーソドックスなやり方ですが、「先日はご来場ありがとうございました。
 今回は具体的な商談をさせて頂きたい〜」
 こんな感じのテレアポをしている様です。


 もうひとりの方は、同業がたくさんテレアポをしているので、その業界だと分かると
 まったく相手にされない。


 2人の方は、違う業界で状況も違うのですが、共通点があります。

 それは。。。


 相手の方が、攻められまいとかまえているのです。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 展示会やアンケートに答えた場合は、相手は必ずその会社から営業の電話が
 掛かってくることが分かっています。

 そして、営業をされたら理由を付けて断ろうと頭の中で考えています。


 そこへ!!

 相手の思惑通りの営業電話が掛かってきます。


 その結果、断られる。


 この場合は、戦う前から負けています。


 電話する方も、こうなることを分かっていながら、それでもやってしまいます。

 理由を聞くと、他のやり方を思い付かないからと。

 んーーー、でもそれでは、何件電話をしてもアポは取れません。

 競合がたくさん電話している業界も同じです。


 相手が、受け入れない事を分かっているのに、負けるやり方をする。


 野球で言うと、絶対に打たれる球を投げ続け、「何で打たれるのか?」と
 悩むようなものです。


 相手が想定していることをやっていたらアポは取れません。


 この場合の詳細な部分は、個別にコンサルしてやり方を教えましたが。

 ヒントとしては、

 ・電話は1回でアポを取らないといけない訳ではない。

 ・電話だけでアポを取らないといけない決まりはない。ツールの活用。

 ・アポが欲しければ先に与えなければならない。

 出し惜しみをする様ですが、皆さんも考えてみて下さい。


 アポが取れないやり方を永遠にやり続けるのは、苦しいことです。


 やり方を考えしょう。

 分からなければ、本や商材から学びましょう。


 弊社の販売している商材には、相談のサポートが付いています。

 無料では、色々と教えられませんが、購入者は別です。

耳の訓練に適しています。
この通信講座の目的のひとつに「耳を良くする」という事があります。
好評のテレアポ通信講座です。
この講座は、
「いつでもはじめる事が出来、いつでもやめる事が出来ます」

テレアポ通信講座 詳しくはこちら

今すぐクリック ↓ ↓

 テレアポ通信講座

 


 
驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法


テレアポの極意

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

http://www.telapo.com/seminar-dvd.htm

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.