テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 答えはひとつではない
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





答えはひとつではない

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法


 今回は、「答えはひとつではない」です。

 コンサルやセミナーでの質問に、「上司はこの様に言います」
 今日のセミナーだと、違うやり方を教えて貰いました。
 どちらが正しいのでしょうか?


 こんなことを聞かれます。


 こんな時は、「どちらも正解です」と言います。

 そうすると、質問した人は「ポカン」としています。


 物事の正解はひとつではありません。

 テレアポの場合も同じです。


 例えば、「必要ない」と言われた場合。

 ・「必要ないという事は何かすでにお使いですか?」と聞く。

 ・そのまま電話を切って、また後日電話する。


 どちらの対応も正しいと思います。


 この場合の正解は「相手」が持っています。

 何か使っているか?と切り返した事によって、会話が続いた場合。
 この場合の「必要ない」が、テレアポ側の真剣度合いをはかる目的だった事
 になります。


 何か使っているか?と切り返した事によって、会話が続かなかった場合。
 「必要ない」が本心だった事になります。


 そのまま電話を切って、また後日電話した場合。
 相手の状況が変わって、アポが取れました。1回目の電話で引いておいて
 良かった事になります。

 相手が、他社で契約してしまい、まったく相手にされなくなった。


 この様に、起きる状況は様々です。


 また、テレアポする人によっても違います。

 押しの強い人は、切り返しが有効です。

 押しの弱い人は、次回に回した方が良いです。


 大切な事は、相手の真意を聞き取る事です。

 断りの意味がどういった意味なのか、相手の声や感じから聞き取る事です。


 簡単な事ではありません。

 経験が必要です。


 相手の真意を汲み取る事は「対面営業」でも必要な事です。


 相手の真意を理解していないと、変なタイミングでクロージングしてしまい
 失敗します。

 自分で納得が出来るやり方でやれば、良いと思います。


 私は、次回の電話の間に他社が電話してきたら、「どうしよう」と
 思う心配性なので、1回の電話で、押します。

 これは、私のやり方です。


 これが、すべての正解ではありません。


耳の訓練に適しています。
この通信講座の目的のひとつに「耳を良くする」という事があります。
好評のテレアポ通信講座です。
この講座は、
「いつでもはじめる事が出来、いつでもやめる事が出来ます」

テレアポ通信講座 詳しくはこちら

今すぐクリック ↓ ↓

 テレアポ通信講座

 


 
驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法


テレアポの極意

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

http://www.telapo.com/seminar-dvd.htm

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.