テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > ラジオ世代
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





ラジオ世代

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法


今回は、「ラジオ世代」です。


3月3日は「民放ラジオの日」でした。


盛んに、ラジオで言っていました。

ラジオにまつわる話やエピソードを番組内で、取り上げていました。


そんな中に、「ラジオはイマジネーションが豊かになる」という話がありました。

視覚がないから、より色んな情報を得ようとする、伝える方も一生懸命に
伝えようとする。


これって、何かと似てないですか?

そうです。「テレアポ」と似ています。

どちらも視覚が使えません。

その中で、如何に伝えるのか。

話しの内容・話し方(スピード・間等)を注意します。

ラジオでも、台本があります。

その日のテーマに沿ってDJがフリーで話す部分と、
決まった事を話す部分があると思います。

一方的に話し続けてしまうと、飽きられるので、「曲」をかけたりします。

その曲も、話の内容に近かったり、連想する内容です。


「イマジネーション」
これ← 結構大事です。


私は、テレアポをする時に、相手の姿形を勝手に想像しています。

こんな顔をしていて、こんなオフィスに居て、こんな椅子に座っている 
と想像しています。

頭の中で想像して、相手の話した事もその想像の中に取り入れます。

そうすると、相手との呼吸を合わせる事が出来ます。

今は相手が引いているとか、今は押しても大丈夫という部分を
想像しながらテレアポしています。

これが、相手の状況を想像出来ない人は、自分勝手なテレアポをしてしまいます。


独りよがりに話したりしてしまいます。


私は「深夜ラジオ世代」です。

オールナイトニッポンやセイヤングやFMをエアチェックしていた世代です。

そして、今でもラジオを聞いています。


良く、このメルマがでも「耳が良い」と言っていますが、
この訓練の為に聴く事をしています。

ただ、聴くだけでなく、イマジネーションの訓練だと思っています。


テレアポで如何に、相手の真意を聞き取れるかの訓練だと思っています。


耳の訓練・発声の訓練(カラオケ?)を怠らない様にしています。


ラジオは、聞き流すだけで訓練になるので、イイですよ。


 


 


耳の訓練に適しています。
この通信講座の目的のひとつに「耳を良くする」という事があります。
好評のテレアポ通信講座です。
この講座は、
「いつでもはじめる事が出来、いつでもやめる事が出来ます」

テレアポ通信講座 詳しくはこちら

今すぐクリック ↓ ↓

 テレアポ通信講座

 


 
驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法


テレアポの極意

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

http://www.telapo.com/seminar-dvd.htm

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.