テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 飛び込み営業は断られに行くものです
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





飛び込み営業は断られに行くものです

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は、「飛び込み営業は断られに行くものです」です。


先日見たテレビでトヨタのトップセールスの方が言っていました。

「飛び込み営業は断られに行くものです」

番組では、この前後があるのですが、飛び込み営業をこの様に言える人って
スゴイと思います。

飛び込み営業をする時は、精神的な葛藤があると思います。

ドアを開けてくれるかな?
怒られないかな?

はじめは、モチベーションも高いと思いますが、断れるとだんだん
モチベーションが下がってきます。

そして、だんだんやらなくなります。

飛び込みで契約が取れると思って行うと、なかなか契約が取れないので、
やる気がなくなります。

別のやり方の方が効率がイイと思うのが普通です。


しかし、「飛び込み営業は断られに行くものです」と考えると。

前提が、契約ではないので、契約を取れなくても落ち込みません。

そして、このトップの方は、断れるのが前提で、ただ「キッカケ」を
作る事だけを考えています。
いきなり、売るのが前提ではないのです。


・挨拶 → 断れる
このパターンが多いのですが、

中には

・挨拶 → 出てきてくれる=次のステップに行ける。

前提は断れる事ですが、その中にある「出てきてくれる」
ここに1点集中しています。

ただし、「出てきてくれる」事が前提でも、精神的にはキツイので、
「飛び込み営業は断られに行くものです」としているのです。


このあたりのマインドの調整の仕方がポイントです。


テレアポでも、私は断れる前提でいて下さいと言っています。

そして、どうしたら会って貰えるかを、少ない成功事例から考えましょうと
言っています。


テレアポも断られる事が多いですが、その中に必ず会える方がいます。

その会える方を、トーク術やリストを試行錯誤して増やしていくのが
テレアポのノウハウです。


このトップセールスの方は、最近はライバル会社が飛び込みをしないので、
今は独占市場だとも言っていました。

他人がやらない事をやる事も、ビジネスでの成功のセオリーです。


また、「トップセールス程多く断られている」と言っていました。


これも、それだけ多くの方にアプローチしているという事だと言えます。

いきなり、少ない数で結果を出すのは難しいので、断れた事が経験になるのです。


テレアポでも、ある程度の数をこなさないと、うまくはなりません。

今回はトップセールスの方に学んだ、思考の調整方法でした。


耳の訓練に適しています。
この通信講座の目的のひとつに「耳を良くする」という事があります。
好評のテレアポ通信講座です。
この講座は、
「いつでもはじめる事が出来、いつでもやめる事が出来ます」

テレアポ通信講座 詳しくはこちら

今すぐクリック ↓ ↓

 テレアポ通信講座

 


 
驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法


テレアポの極意

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

http://www.telapo.com/seminar-dvd.htm

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.