テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > クロージング力
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





クロージング力

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法


今回は、「クロージング力」です。

先週の私の行ったテレアポで、結構良いアポ数を記録しました。

同じ週にテレアポ代行のアポイターも良いアポ数を記録しました。

アポイターの方は、新規のお客様の代行で難しい内容だったので、
どうかな?と思っていたのですが・・・


私の方は、振り返ってみると。

結果が出たのは、クロージングの掛け方だと思います。

通常、相手に興味を持たせるところまでは、何とか出来ると思います。

しかし、クロージングが難しかったりします。クロージングをやり切れない。


これは、せっかく、ここまで興味を持って貰った。

しかし、

強引にクロージングをしてしまうと、関係が壊れてしまう。
クロージングを掛けると結論が出てしまうので怖い。


こんな心理だと思います。

こういう心理から、資料送付になったり、後日再度電話するという事になる
と思います。

しかし、この後資料を送っても良い返事は貰えない事が多いです。
後日電話しても良い返事は貰えない事が多いです。


相手の方も忙しいので、新規の電話のひとつをずっと覚えている訳ではありません。

忘れる事もあります。
他社が電話をしてきて契約してしまう事もあります。


私の場合、「明日が来ないかもしれない」と思ってやっています。

ですので、クロージングにはこだわります。

数やタイミングにコダワリマス。


曖昧な返事をする方には、仮という話をしてアポを取ります。

会う事に踏ん切りが付かない方には、
「決めるのはあなたです。私は情報を提供するだけです」と言います。


今回アポが多く取れたアポイターも、選択権を相手に与えて敷居を下げる
という事はしています。

テレアポは売り込みなので、相手には会ったら断れないという意識があります。

そこをうまく回避するのです。


こんな感じで押したり、引いたりします。


そんな中、気を付けている事がひとつあります。


それは、最後は必ず
「日時の指定で終る事です」

サッカーの解説者が良く「最後はシュートで終りましょう」と言います。

シュートをすれば、何かが起こるのです。

シュートをしないと、得点は生まれません。


テレアポの場合は、日時を指定しないと会えないのです。


耳の訓練に適しています。
この通信講座の目的のひとつに「耳を良くする」という事があります。
好評のテレアポ通信講座です。
この講座は、
「いつでもはじめる事が出来、いつでもやめる事が出来ます」

テレアポ通信講座 詳しくはこちら

今すぐクリック ↓ ↓

 テレアポ通信講座

 


 
驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法


テレアポの極意

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

http://www.telapo.com/seminar-dvd.htm

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.