テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 決めた事はやる
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





決めた事はやる

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は、「決めた事はやる」です。

最近は「テレアポ代行」のお問合せを多数頂いております。

打ち合わせをして、実際に行っている数が、かなり増えています。


先週も、なかなか取れない代行の修正・分析で、アポインターと
打ち合わせをして、私も実際にやってみました。


ここで、気づきがありました。


私自身にも言える事です。

「人は怠け者なので、決めてもなかなかやらない」


例えば、私がやっていて、ある段階でアポが取れました。

そうすると、私はそのアポが取れた流れを分析する必要があります。

きちんと分析をして、その内容をアポインターの方々に伝える役目があります。

これは、私の仕事なので、やらなければならない事です。


それをやっていると時間が過ぎます。

私がやろうとしていたテレアポの時間を過ぎてしまいます。

そうすると、「分析をしたから、時間がきたから」と言ってテレアポを
やらない様に考える自分がいます。

「まぁ、いいか」という曖昧加減が生まれます。


ここで、よっぽどしっかりとした気を持たないと、
テレアポを途中でやめてしまいます。

途中でやめると「クセ」が付きます。

・資料が遅れたらいいか。
・アポが1件取れたらいいか。
・今日は取れそうもないからいいか。


こんな感じで「まぁ、いいか」になってしまいます。

しかし、一度楽な方にいってしまうと、なかなか戻ってこれません。

明日はきちんとやる。
リストが良ければやる。
体調が良ければやる。

こんな言い訳をします。


マラソンランナーには、こんな事があるそうです。

苦しくて、途中でやめてしまうと、完走できないクセが付くそうです。

マラソンは、体力的にも精神的も苦しいので、完走できない事も
あるかと思います。

しかし、あまり頻繁に、途中棄権をしていると、甘えが出て、
それを体や心が覚えると、良くないそうです。


テレアポも同じ事が言えます。

今日は取れそうもないから。
お客さんのところへ、行かなくていけないから。

やらない理由はいくらでも考えられます。

そして、そういうクセを付けてしますと、テレアポが出来なくなります。


少なくても、電話をする件数か時間のどちからを決めて、
その決め事に従うべきです。

丁度、先週、私は「まぁ、いいか」になりそうになりました。


しかし、思いとどまって決めた件数をやりました。

次の予定もあったので、危ないところでしたが、なんとかやり切りました。


テレアポは「マインド」のコントロールが一番難しいので、
うまくコントロールしましょう!!


テレアポ通信講座 詳しくはこちら

今すぐクリック ↓ ↓

 テレアポ通信講座


 
驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法


テレアポ成功ブック

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

セミナーDVD

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.