テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > やましい人の電話
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





やましい人の電話

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は、「やましい人の電話」です。


最近、テレアポでは無いのですが、相手がミスをしてそのお詫びの
電話を受けるという事がありました。


120%相手側のミスです。

しかし、担当者が逃げていてなかなかつかまりませんでした。

私も結構頭にきていました。

大分時間が経って電話が掛かってきました。

相手は、恐る恐る会話を進めます。

私が何か言うと「シドロモドロ」です。

言い訳、責任転嫁、解決策が見つからない 等々


詫びるニュアンスは出していますが、とにかく、「シドロモドロ」で
はっきりしない事ばかりで困ります。


こういう時は、今分かっている事を明確にして、その解決策を提示し、
現状を打開することをする。


それから、時間の掛かる事は後回しにする。

今何が出来るかがポイントだと思います。

この流れで気づいた事があります。


「やましい人の電話」はやましい話し方です。

やましい話し方って、言葉で伝えるのは難しいですが、
声の感じからやましさが出ています。

何とか相手を言いくるめようとする。
押してはいないと言っているが、しっかり押している。
営業ではないと言っているが、間違いなく営業電話だ。


こういう場合のほとんどが、話す事がバラバラで場合によっては
シドロモドロで話します。


何故なら、書いたものを読んでいないからです。


その場しのぎの対応をしているからです。

テレアポの場合でも

悪いと思って電話をする
迷惑だと思って電話をする

こんな感覚があると、それが声にのって相手に伝わります。


やましいと思ってするテレアポは結果は出ません。


テレアポは嫌われているとしても自分の言っている事には、
自信を持って下さい。


そうでないと相手には伝わりません。

ちなみに、私はクレームやお詫びの電話でも「スクリプト」を作ります。

伝える事を箇条書きにして、簡単に練習をしてみます。

何故、こういう事をするのか?

行き当たりばったりで話すとシドロモドロになるのを分かっているからです。

テレアポ通信講座 詳しくはこちら

今すぐクリック ↓ ↓

 テレアポ通信講座


 
驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法


テレアポ成功ブック

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

セミナーDVD

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.